クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

必要とされること

人間の心は不思議で、ある集団の中で浮いてしまっていて陰で小馬鹿にされる最中、『俺は一人で生き抜いていくんだ』と決意し歯を食いしばっていても、何かの拍子に些細なことで誰かに必要とされたら嬉しいとも感じてしまう。

なんて中途半端なのだろう。

というか職場の人間関係に何を求めているのだろう。
仕事が円滑に進むように立ち振る舞い、プライベートを充実するようにすればいいだけなのに。
いかん、少し視野が偏ってしまっている。

やはり、先日取引先の社長に言われた『あなたはもっと遊びなさい』という言葉が蘇る。

俺は遊び方もわからない大人になってしまったのか。

小旅行にはよく行くから、今度の旅行で女の子に声をかけてみるか。
ほぼ相手にされないだろう。
恥をかくくらいなら、俺には失うものはない。
ただ職を失う訳にはいかないが。

旅先の地元の女性のポートレートを撮りたいのだが、こんな時にキモ男に生まれて来なければと悔やむ時もある。


おねえちゃんのいるお店にでも行くか。
そんでずっと敬語で話しているだろう自分が想像できる。


くそ暑い。
職人さんに熱中症も出たと聞いた。
水分を早めにとり、よく寝よう。
男ならみんなしているアレは控えめに。