クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

安定して相変わらず浮いている

相変わらず部署で浮いている。
仕事は真面目にやっている。
真面目にやっているだけでは駄目なのだ。
しかし、どういう訳か嫌がられ、皆の輪に入って行けなくなるんだよなぁ。
自分では普通にしていても、何か気に食わない所があるのだろう。
直すところは直すけど、譲れない所は絶対に譲らん。


『そんなに?そんなにキライ?』
(天国に一番近い会社に勤めていた話/ハルオサン)

このセリフがどうしても頭に浮かぶよ。

ま、今までの人生でこんな感じだったから、今更驚きはしないが、これはこれでつらいんだよなー。



『結局、私の身を守ってくれたのは、【結果】だけでした。』
(天国に一番近い会社に勤めていた話/ハルオサン)



この言葉が、仕事中、何回か頭に浮かぶ。
この言葉通り、誰も救ってはくれない。
だからこそ、仕事をこなし、資格の勉強もしている。
俺の身を守ってくれるのは【結果】だけだから。

これは、大企業とかの話ではない。
この日本に大多数を占める、零細中小企業に身を置く、しがない非モテむっつりリーマンのささやかな戦いでもある。
たいしたことない戦いだけど、切実でもある。


大人の動画を見て寝よう。

奇跡が起こり、女性と遊びに行くことがあっても、もはや何を話していいか見当がつかない。
下ネタしか頭に浮かばず、それを口にする勇気も無く、何もリードする事ができない。

大人の動画は、現実を忘れるね。
悲しい。