クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

紫陽花を横目に

みをつくし料理帖 八朔の雪を読み終わった。

 

電車で移動中、何かの待ち時間中に少しずつ読み進めた小説。

昔に比べ、読む速度は遅くなった気がする。

シリーズものらしいが、主人公たちの成長が気になる小説であり、

なにより、人間のふとしたときの優しさ、強さに触れたいときに読むと

心に沁みる。

 

時々読ませて頂いている、あるブログで「Voicy」というサービスを知り、

最近聞いている。

「声のブログ」というやつらしい。

夜、灯を消してぼけーっとしながら聞くも良いし、

作業中に聞くものも良いと思う。

発達障害をテーマにしたものを聞いたが、なかなか興味深かった。

 

こういう、自分だけのアンテナでは引っかからない情報、コンテンツ、サービスってあるよね。

そういう他者の嗜好・思考に触れるとき、ちょっとワクワクする他力本願な自分。

 

 

会社では相も変わらず浮いた存在になっている。

上司批判は、あえてしない。

要は俺の要領が悪く、必然的に招いた結果でもあるからだ。

それでも、きっついけどね。

 

 

みんな何を楽しみに、日々を乗り切っているのか気になるよ。

 

あー、映画「万引き家族」が気になるな。

寝る。

 

f:id:haretaraiinaa:20180610213936j:plain