クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

瓦解前夜なのか

相変わらず社内の雰囲気がおかしい…。

どこの会社もこんなものなのか…?

「会社は利益を追求する集団」、「従業員は使うもの」、と言われればそれまでだが、それにしてもおかしい。

人材の適材適所の配置?いちいち歯向かうんじゃねえ、
思い付いたら朝令暮改
体裁を取り繕うばかりで何も決まらない、
机上の理想が先行し現場の実務を軽く考えている、
上層部が下の話を一切聞かない、
名ばかり役職ばかりで組織系統が良くわからない、
実力が伴わない人間に権力ががががが、
ロートルの自分の存在意義のアピールの為に誰かが犠牲になる、
進言しても「いや大丈夫だろ」と聞く耳をもたずバッサリ切られる、
長期的な視野は一切無しのいきあたりばったり、
自分だけは被害者になりたくない、と口が立つ人間、知恵が働く人間が無理難題を誰かに押し付けあい責任転嫁、
現実問題としてそもそも人が育たない、

こうした状況に日々曝され、危険察知能力が研ぎ澄まされる…。


経営の責任なのに何故か従業員が悪い事になる。



これは大企業の話ではない…。
世の中に無数に存在する、零細中小企業の話である。


これをおかしいと思う自分がおかしいのか。
世間知らずなだけなのか。

某国の権力闘争に比べたらかわいいものだが、
これは瓦解前夜ではないのか。


うぅ、弱小リーマンはつらいぜ…。


よく行く、勝手に常連と思っている居酒屋のママ曰く、「人間、食い気より色気が無くなったらおしまい」。
ふ、ネットの大人の動画や画像に反応できるから、多分まだ自分は大丈夫だと思う。
まだ健全な人間だ。

よし、資格の勉強するか。