クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

天国に一番近い

天国に一番近い会社に勤めていた話

天国に一番近い会社に勤めていた話

知る人ぞ知る、有名なブログの書籍化。
私は寡聞にして知らず、ほんの些細なきっかけがありブログを読ませて頂き、書籍を手に取りました。


衝撃でした(ブログも衝撃ですが)。

明日に差し支えるから寝なくてはと思いながらも、一気読み。
よく宣伝文句で、面白すぎて一気読み、と見かけるが、まさに今回がそれだった。
本当に惹かれることって、眠気も消し飛ぶ。

言葉で表現すると野暮な感想にしかならない。
とにかく実際に読むのをオススメしたい。
同じ日本でも、こんな世界があるだなんて。


ケガをした時、自分をバッサリと見捨てた会社や家族や恋人よりも、「見ず知らずのブログ読書の方が優しいじゃないか!」、の紹介文が世の理不尽、不条理を的確に現している。

魂の叫び。
しみるよ。

くぅ…。