クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

誰がために

人間が集まれば、必ずそこに力関係が発生する。
水面下の闘いが生まれる。
時々、嫌になるよ。
今日も聞こえるように嫌味を言われ小馬鹿にされ、自分のコミュニケーション能力の低さに軽く嫌気がさす。
そんで、自分の知らないところで、自分のことを勝手に決められる。
あぁ、悲しきサラリーマンの宿命。


誰の為に働いているのか、なんの為に働いているのか。
今日、これらのことを1日の中で考える時間が多かった。
雇われの身では贅沢な悩みとわかっていても、つい考えてしまう。
人に使われたくないなら、フリーランスになれば良いのにね。その実力と度胸はないけど。


それでも、人間万事塞翁が馬って言うでしょ。
人生、どんな事がきっかけで好転するかわからない。
そう思い、そう思わせてくれる出来事を求め、日々の乗り切る。


今日はそんな気分。
明日は明日の気分。
明後日は明後日の気分。

大人の動画観て寝る。