クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

婚活飲み会に行ってきた

初めて「婚活」と名のつく、催しに参加してきた。
場所は某飲食店。
男女合わせて30人くらいだろうか。

年齢層は、おそらく男女共20代後半から30代後半。
男性側が時間ごとに、思い思いのテーブルに移動。
久しぶりに、女性との会話。

正直、会話は世間話と社交辞令に終始していたと思う。滑舌が悪いせいか、何度も「もう一度お願いします」と言われた。くっそー。

参加者の男性が、相手の女性が嫌がっているのに無理やり連絡先を交換しようとねばっていた。
後日、また二人で飯でも行こうとねばっていた。
相手がやんわり断っているのに気付いていない。
傍から見ていて、「そういうとこだぞ!」と自分のことを棚に上げて思っていた。


それでも女性とLINEの交換はした。
しっかし、会話の広げ方がわからんよ。
ま、駄目でもともと。練習と思って挑戦してみよう。

なにわともあれ、会社と家の往復の日々だけど、刺激になったし、これはこれで楽しかった。

明日からまた仕事。
やんなっちゃうね。寝る。