クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

やる事がない

実家に帰省中。
うん、やる事がない。
さすが田舎や。
友達がいないと、田舎って本当に寂しいもんだな。
話す相手が家族くらいだよ。
牧歌的な景色は嫌いじゃないけどね。

帰省するときに持ってきた、サラリーマン漫画「漫画家田中K一がゆく!」「うつヌケ」が面白く一気読み。
営業マンをやりながら漫画家の兼業。
中々できないわ。
メリハリやスケジュール管理能力とかを見習いたい。

「うつヌケ」は、うつを経験した作者が、同じようにうつでもがいた人達のエピソードを紹介していくというもの。
物事の捉え方や見方、働き方をも考えさせられる良書だと思う。
「認知の歪み」の話は、自分の事か!と思いながら読んでしまった。

こんな自分でも、ちょっとは自分で自分を肯定してあげないとね。