クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

自分のプライドは置いといて

一つの組織に長くいると、怒られる事や他者の悪意に晒される機会が減る。

無駄に社歴だけが長くなり、
うん、少し打たれ弱くなっていた。
仕事中なんだから自分のプライドはひとまず置いといて、どうすれば目の前の事が片付くのかだけを考えればいい。

他者の悪意に晒されたときの切り返し方、我慢のしどころ、気持ちのあり方をもう一辺再確認するか。

大人の動画見て寝る。