クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

忙しくなってきた

忙しくなってきた。
ルーチンワークとはいえ、細かいものから大きい案件が重なると流石に気が重くなってくる。
仕事があるから、会社が存続し給料が支払われる。
会社とは、社員を遊ばせないものだな。
会社とは、つくづく社員を楽にさせないものだな。
こういうとき、自分は歯車でしかないと再認識する。

毎年恒例だが、テレビで新入社員の入社式の様子が放送されていた。
いわゆる大手企業、官公庁、ほかいろいろな企業のその模様が見られるのは面白い。
その中で、親子で入社式に参加という会社があり、
新入社員代表が、家族に向けてなにやら手紙を読んでいた。


うーん、黒歴史にならないかなー、と余計な心配をしてしまった。

感謝の気持ちは大切だけど、もう自分で新しい世界を構築していかなきゃならないスタートラインに立ったわけだから、親子で入社式に参加というのは少し違和感が。
ま、感じ方は人それぞれ。

大人動画見て寝る。