クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

痛い大人

知り合いが誘ってくれた飲み会に参加してきた。
年齢層もバラバラで、平成生まれの若造から人生の酸いも甘いも知る先輩まで、いろんな話を聞けて楽しかった。
女性との出会い云々よりも、いろんな情報を吸収できるからいいね。
世界も広がる。

ただ、「困ったちゃん」な大人もいた。
年齢を重ねるだけでは、人は大人になれないのだ。

なぜ今この場面でそれをする?という行動や、
自分の気になった話題では、しつこいくらい相手を追求する自己中心的な願望。
周囲に気を使われ、ヨシヨシされているのが自覚できず、非常に痛かった。
不愉快なとっちゃん坊やだったな。

そして、反面教師にしようと、心の中で誓ったのだった。


大人の動画を見て、
寝る。