クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

週末だ

今週は仕事中、ずっと眠かった。
睡眠不足だと自覚している。

よく会社は3代目が潰す、と言われるが、他人事ではなくなってきた。

今の仕事の世界だけに安住せず、趣味の世界を広げ人と出会い、得意分野を増やしセーフティネットを作っておく。
社会人なら、同じようなことを何度も考えたことがあるのではないだろうか。

近頃、本当にそう思うよ。
もし、後継ぎが創業者の苦労を知らず、生まれたときから金持ちで周りが忖度し世話を焼いてくれる環境が当たり前と思っているならば…。
そこで働く従業員の命運は過酷なものになるだろう。
というかこの日本でホワイトなんて、ひと握りの既得権益層だけのものだろう。

サラリーマンはつらいぜ。

こんな夜は女の子の身体に溺れたいよ。
夜はしんしんと深まるだけ。