クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

本音と建前

本音と建前を見極めねばならないサラリーマン生活。
手段が目的に成り下がり、日々偽りの滅私奉公。
いや、面従腹背か?

ただ、「本音と建前」と「あちらを立てればこちらが立たず」は、とても親和性が高い言葉だと思う。
先輩たちを見ていて感じたことである。
それが長生きする秘訣なのだろう。
ただ、こんなことを今更ながら感じている自分は、どこかまだ大人になりきれていない。

喉が痛い。 
寝る。