クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

帰宅したら

帰宅したら、水道の水を出しっぱなしにしているのに気付いた。
地味にショックだ。

今日は、平穏無事な1日だった。
入社した当時の、最初の緊張感は日々の暮らしの中でいつの間にか薄れ、やっとこさ作ったちっぽけな偽りの自分の居場所から、一歩を踏み出したくないという自分がいる。
自分の殻にこもってる間に、周囲がどんどん先をゆくが寂しいぜ。

なにか変わらなければ。
変化せねば、と気持ちだけは一人前。

こうやって月曜日の夜もあっという間に終わっていく。