クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

勘違い発言の先

人間、誰しも間違うことはある。
ヒューマンエラーはいくらでもある。

ただし、自分の実力や立ち位置を見誤り、勘違い発言を繰り返すおっさんには、それ相応の結末が待っている。

先日、噂ではいろいろと聞こえてきた別部署のおっさんにとうとう雷が落ち、化けの皮が剥がれた。
というか何故いままで、野放しにされていたのかが謎だ。
ただ本人は、自分はこんなに頑張っているのになんでこんな理不尽な仕打ちを、とおかしな被害者意識を露わにしたらいしが、いやぁ、自分の勘違い発言などが招いた結果とは理解していない、おっさんの姿が痛い。
いままで、分かるふりをして、本来は自分がすべきことを下の人間にぶん投げてきた報いだね。


そして、なーんの取り柄もない自分の、未来の姿なのかもしれないと思い、少し目眩がした。