クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

もしあなたなら

このままじゃ何かがまずいと思いつつも新しいことに踏み出せない、なんて言ったらずるい人間につけこまれそうだけどね。
でも冗談抜きで結構今大事な時だと思う。
人への警戒心を忘れずにもっと積極的になろう。
きっかけが欲しいんだ。

某テレビ局で30歳以下の社会人の特集の番組がある。
録画した回は、カップルの写真を撮って幸せを提供しようという出張フォト撮影サービス会社の社長の特集だ。
録画していたのを忘れていて、やっとこさ見ることに。

社長なんと24歳。
カップルの写真を撮影していくうちに、いつのまにか社長になっていたということ。
カメラ少年が会社の社長に。
人生、わからんもんだねー。
社員の方たちもみんな20代に見えたよ。
番組内容自体は働くということをテーマにしているからカメラ自体のことはまったく出てこなかった。
それでも興味深く見れた。
自分の 20代前半をふと思い出した。
自分の考えや意思なんて何もなかった。
自分の足で立ってるつもりでも、生かされていた。
あったのほ希望的観測のみ。
なんでもっといろいろ行動しなかったんだろう、と後悔していることがたくさんある。

この会社 1億円ほど投資会社から運転資金を手に入れた。
そして、そこでいろいろとあるのだがここでは割愛。
人はみな孤独。

あなたなら億のお金を手に入れたら、どう使う?
貯金?
投資?
とりあえず生活費にして、会社をやめずに適当に仕事して、日常を生きる?
想像できない?
自分だったらとりあえず家族の為と、旅行かなー。
それと、むふふ。
あぁ、ここが小市民の想像力の限界。


新しいコンデジを買ってしまった。
気が向いたら、日記に書いてみよう。

平日は、一眼レフを持ち歩くのがちとつらい。
いや、泣き言じゃないよ。

寝る。