クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

頑張りすぎないこととか

人間、誰しもやらなくてはいけない時がある。
頑張りすぎてはいけない時もある、と思う。

これから先、何年、何十年と働いていくんだよ。
人に使われるにしても、人を使う立場になったとしても。
上手く一休みしたっていいじゃん。

但し、まだなにもわからないのに格好ばっか気にして、今気にするところはもっと他にあるんじゃねーの、という後輩は見てて「お前ナメてんな。上手く立ち回っているつもりか知らんけど、そのミエミエのおべんちゃらを吐くんじゃえ」と思ってしまうね。
そう思う自分の頭が固くなってきているんだろうか。
お客さんの前でわかったフリをするのは仕方ないにしても、同じ組織内の人間に、さも出来る人間みたいな振る舞いをするなよなー。
みんなお見通しだよ。ふほふほ。


大企業は毎年、新入社員を採用するだろけど、こちとら天下の中小企業のリーマン。
新入社員はたまにしか入社してこない。
そんな環境でも、少しずつ後輩が出来てきたんだよなー。
人間だから面従腹背でも、仕事さえしっかりやっていれば個人的にはどんだけ遊んでいようが構わないんだけどね。


中小企業でこれなんだから、大きい会社の人間関係なんて、考えたくもない。
いや、そういうとこで働いたことないから実際は知らんけど。


社畜だけど、人間はどこに行っても人間関係から逃れられないねー。


漫画、「いつかティファニーで朝食を」、12巻も面白いねー。
大事なことは漫画から教わった。

寝る。