クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

2018年 謹賀新年

あけましておめでとうございます。
無事2018を迎えることが出来ました。

実家に帰省しています。
実家でぐうだらするのは楽で良いけれど、ずっといる場所では無いな、とも感じます。
ここにずっといたら、駄目になってしまいそうで嫌だ。
田舎に残る人、都市部に出て行く人、U ターンしてくる人、結局大多数の人間は何者にもなれなかったはずだ。
それでも前を向いて、ままならない現実に適応して日常を生きる。
平成も終わる。
日本も青春時代が終わり、もっともっと熟年期になっていくのだろう。
懐古趣味に走りたくなる気持ちをぐっと抑え、
自分がぶれないように。

弱小独身サラリーマンの何でもない日常を淡々と書こうと決めて始めたこのブログ。
ブログの魅せ方にもこだわってはいないですし 有名になれるとも思っていない。
ここでは書けないようなこともいろいろあり、それなりに悩みながらも 日々生活しています。
毎日が決してドラマティックな日々ではないけれど続けられる限り淡々と進めていきたいと思います。

これを読んでいる物好きな人もそうでない人も、
お互いに日々の困難を乗り切り、良い1年にしましょう。

人間万事塞翁が馬