クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

井の中の蛙は

新聞記事を読んでいたら目に留まる記事があった。

ある学生スポーツで結果をだし、記憶に残るあるニックネームで親しまれた青年。
ずっとスポーツ漬けで過ごし、就職したのはいいが社内あてのメールも満足に打てず、敬語や言葉遣いに苦労したという。
井の中の蛙」を痛感したという。
そんで、自分を鍛えようと新しい世界に飛び込んだ。

この話を読んで結構、自分を投影してしまった。
ま、俺は学生の頃、なーんにも残してないけどね。
井の中の蛙」ってところは同じだったなー。


広いようで狭い世界。
狭い業界。
もう会うことは無いと思っていた人とまた仕事で会うことになるとは思わなかった。

中小企業の労働者だけど、
まさかこんなささやかな巡り合わせもあるとは。
人のつながりを馬鹿にしてはいけない。
思わぬところで助けてもらったり、助け合ったり。

飲み会で会った、その場限りの出会いと思ってた女の子と再会できる、なんて漫画みたいなこと起こらないかなー。

そんな平日の夜。


寝る。