クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

社交辞令

社交辞令を本気にしてしまうこと、あるよねー。
最近、社交辞令を真に受けて行動し、「あれ?!現実は違うんだ」、と自意識と現実の自分の距離を認識したよ。少し現実に自意識を近づけた。

痛い大人だけど、本気にしてしまうのは心のどこかが弱っているからなのかな。
今の精神状態なら、若い女の子のお世辞を真に受けて、どこまでも墜ちていけるだろう。
ふふ。だからこそ、水商売は無くならない。 
自分を過大評価して、若い女の子とどうにかなるなんて夢を見てはいけない。
夢は夢のままだから 楽しいのだ。
何を言いたいのかわからなくなってきた。


元カノと最近、連絡を取り合っている。
あぁ、人生はどうなることやら。


週末はイルミネーションを撮りに行きたい。
三脚使いたいけど、風邪引きそー。
寝る。