クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

飲み会に行ってきた

趣味関係のオフ会があり、参加してきた。
都内は人が多いねー。
みんな楽しそうで、社会の暗い部分なんてなかったことにしてはしゃいでいるんだろうなー。

オフ会では、久しぶりに合う人もいて、普段同僚とはできない話も出来てなかなか現実を忘れる時間だった。
気持ち悪いかもしれないが、久々に同僚以外の女性と話したよ。

しかし、ほとんどの場合決して親しい間柄になるわけでもなく、
大体がその場限りの話し相手であり、
せいぜいが顔見知りになる程度なのに、
それでも参加するということは、
人はやっぱり、人恋しくなる生き物なんだなぁ、と
つくづく思うよ。
ま、これがきっかけで友達付き合いが始まったり、趣味の情報交換から連絡を取り合う中になるかもしれないけどね。

ただ、
今は人肌が恋しいけどね。
くっそー。


またカメラのレンズを購入した。
ふふ、撮りに行くぞー。
好きな写真の感じは、何気ない日常を切り取った、淡い写真。
中二病みたいだな。