クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

先を見据えるのは

よっしゃー。
今週も絶賛社畜中!
帰って寝るだけの生活。
朝家を出て、何時間後かに戻ってくるだけの生活。

隔絶された人間関係の中で、
何か始められることはないかと模索したい。
何故サラリーマンは経営者でもないのに、時として経営者と同じ立ち位置になって考えさせられるのか。

社内で凄いと思う人がいて、
ブラック企業の中であって完全にイエスマンになることもなく、おかしいことをおかしいと言える。
いや、おかしいことに思考が繋がるのが凄いのか。
これ、なかなかできないことだよ。
長時間労働、外の世界との隔絶、パワハラ、脅し宥め賺す。
軽い洗脳状態にされかねないのにね。


なんでこんなことを書いたのかというと、
ある会話を聞いて、
「な〜んだ、この人は結局先を見据えるビジョンなんてないんだ」、と気付いてしまったからだ。


うん、ダイソーの百均の手帳がシンプルで良い。
プライベートで使ってみよっと。

寝る。