クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

サンドイッチマン

サンドイッチマンのライブDVDが面白い。

仕事から帰ってきて、一息ついてから見ると最高。

ラジオのDJネタ、スピーチネタ、ツボだわ。

お笑いマニアでもないし詳しくないが、何というかついつい魅入ってしまう魅力がある。

こういう雰囲気って、出そうと思って出せるものではないよなぁ。

 

本業が落ち着いたせいか、

余った隙間時間を使って何か新しいことを始められないか、

この頃そんなことを考えてしまう。

忙しくなってきたら、そんなことを考えていたことすら日常の雑務に流されてしまうんだろうけど、なにかできることはあるはずだ。

今のこのささやかな日常はずっと続くわけではなく、会社のちょっとした気まぐれによる配置転換、親の高齢化、予期せぬ事故等の理由であっけなく終わる日がくるんだろう。

そんな時は、自分の人生をどう考えるのか。

あ、まずは彼女を作らな・・・。

 

明日も仕事だ。

寝る。