クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

鍋がしたい時期

寒くなってきた。
人肌恋しい社畜としてはつらい時期だ。
鍋がしたいなぁ。
もし彼女がいれば、スーパーで一緒に買物して、鍋を作って、今日はこんなことがあったねえ、と他愛もないおしゃべり。

くそう。
所詮そんなものは夢である。
人生の青春といえる時期、ごく一部の人間だけが過ごすことができる時間だ。


明日もまた一週間が始まる。
入社当時と比べ今はだいぶルーティンワークになっている。
新しいことも覚えたいのだが、それぞれ暗黙の領域があり(実際は単に組織化されていない、曖昧なだけ)、迂闊に手を出せない。
人の頑張る気持を利用しようとするは暴力だと西原理恵子さんも言ってたような。

でも今のままだと、もし会社から放り出されたら生活に困るな。

そして、どうも人間関係を構築するのが苦手だ。
自分としては大人しくしているツモリなのだが、他者から見ると、「あいつは何もやらない」という感じになるらしい。

大人しく自分の業務を淡々とこなしていても
それ以外の部分でコミュニケーションが取れていないと、あいつ何もやらない、のレッテルを貼られるのだろう。

自分が思っている自分像と、他人から見た自分像にだいぶ乖離がありそうだ。
これについては、うまく修正し擬態しなきゃなぁという部分と、絶対に譲れない部分がある。
長くなるから、ここでは割愛。

ま、なんだかんだ偉そうに講釈たれても、所詮はサラリーマン。
明日も歯車やりまっせ。