クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

ふと考える

サラリーマンは社会の歯車、と揶揄されるが
最近つくづく実感するぜ。
この言葉を最初に思いついた人は、
どんな気持ちだったんだろう、と想像してしまう。

全国の中小企業に務める人は、
というか日本の大多数の人間は中小企業に
勤めてるんだけど、
歯止めがきかなくなりそうな、
ワンマン社長の方針に戦々恐々している。
周囲にイエスマンしかいないから、
余計に予測不能だ。

まぁ、どこにでも転がってる話だよな。

あぁ、労働者は、
狭い世界の中で飼い主の気分次第で、
いくらでも人生を操作されるよな。
仕事は甘いものではない、
という大義名分の盾をかざされ、
思考停止にし、全人格労働を強制し、
労働者同士で、貶め合うように仕向けたりする。

人は会社の為に生きているわけではない。
大切な誰かの為に働いている、という
当たり前の感覚が奪われ過ぎている。

俺は、いつまでもこの会社で持つんだろうか。
もっと切迫感をもって勉強とかをやらないといけないんだけど、
どんなに頑張ってももうけるのは会社ではないか、
と思ってしまう自分がいるよ。

そもそも俺は本来の性格や能力から
いてはいけない会社だったのか。

もし、今の会社で駄目になっても大丈夫なように、
違う世界も作っておかないと、と思うよ。