クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

カメラが

修理を依頼していたカメラが届いた。
休みの日に、撮りに行こう。
街を歩き、人々の営みを撮したい。

同世代の社会人は、
気軽に連絡できて、遊びにいける
異性の友達がどのくらいいるんだろう。
ただ、この歳になると、
友達とよべる人間は一人か二人いれば、
いいほうなんだろう。
子供時代みたいに、
自分を殺してまで相手に合わせる必要はない。


大人のつながりは、
社会的地位だったり、打算だったり、
こいつは利用価値があるな、と
非常にいやらしい。
こういうことが大人になるってことなんだろうけどな。

人は一人では生きていけないけど、
自立をしないといけない。

女の子と遊びたい。。