クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

目に見えないもの

人間が集まるといろんなパワーゲームが
発生するなぁ。

目に見えない、つばぜり合い。
どうしてこうして、
この歳になると、
プライベートで会って遊んで、
この人とは無理、と思ったら
バッサリ縁を切ってしまう。
いちいち言葉にしないけど、
もう2度と遊ばない、と。

本当は、社会に適応するためには
愛想笑いも必要だし、
人を無下にしてもいけないんだろうけど。
頭でわかっていても。。

気が短くなった、というか、
プライベートで
自分より他人を優先しないといけないときもあるけど、
まずは自分なんだ、と思うようになった。
相手の自尊心を満足させるために
俺は存在しているじゃない、と。
他人を優先してたら、
あっという間に時間だけが過ぎてくよ。
嘘も方便。

あぁ、フレネミーも、振り返ると
実感するなぁ。


いかん負のオーラがほとばしりそう。
あぁ、眠い。
おやすみ。