クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

世界は終わらない

益田ミリ氏の
『世界は終わらない』を読んだ。
これは面白い!
主人公も三十代だし。
大体の同世代は共感してしまうのでは。


【オレの人生
こんなはずじゃなかった
とは思わない
でもって
こんなもんだろう
とも思わない】

【人間の順位がわかる機械があったとしたら、
オレってどのあたりなんだろ】

って、わかるわー。
その気持ち。

作中に、『ライカ犬』が出てくるけど、
この漫画を読むまで知らなかった。

今週もまた仕事だ。
いろいろあるけど、
また始まる。