クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

早く寝るつもりが

こまごまとしたことを
いろいろとやっていたらこんな時間に。

今日はこれ、と決めて
やらないと長時間労働リーマンの
自由時間はあっという間に過ぎていく。

独身の状態でこれなんだから、
結婚(共同生活)したらどうなってしまうんだ。

したらしたで、
なんとかなるものかもしれんけどさ。

旅行だって、
日本で大多数を占める中小企業の労働者は、
仕事を辞めないと、ゆっくり行けないよ。

効率のいい社会、仕組みを構築するのは
結構だけど、すり潰される名もなき人たちもいる。
くっそう〜。