クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

やりたいこと なりたいもの

誰かにこきつかわれ、虐げられ、
おためごかでまるめこまれ。

働くことは甘いものではないけど、
やりがいとかなんとか、曖昧なもので
残業代、休日出勤手当を払わず、
ボランティア精神に支えられている会社はクソだ。

いまなにかになりたい、とはないけど
資格をとろうって思ったよ。

年齢的にどうかな、資格だけではだめ、
とはわかってるんだけど。