クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

限りある

本屋をフラフラしてたら、雑誌 ダ・ヴィンチ東村アキコ特集してた。

東京タラレバ娘が好きな自分は、
立ち読みしてしまったよ。
(かくかくしかじか、も好き)
インタビューで、
時間には限りがある、
30代は10年しかない、
って当たり前の言葉が染みた。


ふと10代、20代のころ、
もっとたくさん遊んでおけばよかった、
と思うときもあるけど、
結局、だめだったと思う。
うまく言葉にできないけど、
そういう性格だったのだ。
人間が集まると発生する力関係、
パワーゲームで、いつも下に追いやられてしまう。
もし、仮に自分が、
イケてるリア充と同じ行動をしても、
鼻で笑われ、
馬鹿にされるだけだったろうし。


就職して働いて、年上のひとたちの
立ち居振る舞い、生き様、
社会の出来事や物事の捉え方、
持ち物などを
観察して得たものは、
下の下の自分には
だいぶ大きかった。
周囲の人間は、だれも教えてくれなかった。

クラスカースト上位の人間と同じようにはなれんけど、
せめて一人の人間として、
ちゃんとするのが、
下の下だった自分の意地だと思う。

そんで、すこしずつ、
いろいろなものを獲得していったように、思う。
ようやっと、女性の顔をみて、話せるよになったレベルだけど。

ま、
いつ捨てられるか
わからない賃労働者、
だけど。


ものすごく、
話があっちこっちに
いってしまった。