クロスケ日記

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

今日も1日が過ぎていく

風を引きそうな予感がする。
そしてそんな予感に限って、現実になる可能性が高い。
今週は無理をしないようにしよう。

空いた時間に何か資格の勉強をしようと考えている。が、『何か』と言っている時点で方向性が定まって要らず、
資格試験を考えてる俺、現状に満足してないくてかっこいい、という自惚れが感じられる。

しかし、継続が大事なのだ。
語弊もあるかもしれないが、今の組織をはじき出されたら、死活問題になるサラリーマンもいるのだし。

ブラック企業について書かれた本を読んでいて、これこれ、常日頃、感じていて、うまく言葉にできなかったこと!と自分も気持ちにぴたっとはまる言葉があった。
「社会のしくみに問題があることまで自助努力で解決することが立派な人間だと思い込ませる『自助努力の過剰』に支えられている』」

自分を責め過ぎなんだよなぁ。

いつか、ここ数年の月の残業時間を公開しようと思う。

あぁ、おでん食って温まりたい。
同世代のリア充は、どんな夜を過ごしているのか。
まぁ、俺は絶対仲間にいれてもらえないけど。