クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

花金なのに

人の輪に溶け込むことを自然にできる人は
凄いと思う。
人を引きつける魅力があるのだろう。

今日は花金じゃないか。
誰と飲みに行くわけでもなく、ご飯を食べに行くわけでもなく、家路につく。
カップルがまぶしいな。
会話能力が落ちまくり。

寝る。