クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

雑感

準備は大切な話

スマホをいじっていたら、下のサイトにたどり着いた。 流し読みでしたが、ちょっと面白かったので。 ueno.link いずれ起こることが自明であったり、容易に想定できることとわかっていても「行動に移せない」のが人間でもあるのかな、と。 通勤途中の少しの時…

まだ少し残っている

音楽を流しながら、PCに向かっている。 もう少ししたら出かけよう。どうしようかな。 まだほんの少し仕事が残っている。 今週の自分の予定などを逆算していくと、今日やらないとまずい。 お気楽極楽の独り身のとはいえ、何が楽しくて生活しているのか。 夜作…

なんど味わっても慣れない

連休前の週末。独り身の週末。 何がつらいって、これから遊びにいくと思われるカップルを見かけること。 レンタルショップで、これから部屋でDVDを観てまったりするだろう男女連れを見かけること。 これまで数え切れないほど週末の寂寥感と戦ってきたが、な…

書きたいことはあるけど、特筆すべき事はない

書きたいことがある。 しかし、「現実の問題」は現実で向かい合い、解決に促したり、待ったりしなければならない。 現実で出来ることをしていくしかない。 なんて格好付けても、うだつの上がらな非モテ男に出来ることは限られている。 こういうとき、ブログ…

入れ替わっていようとも

台風が関東に大きな被害を与えている。 このご時世SNSやブログで今まで散々書かれているが、そこまでして出社しなくてはいけないだろうか。 もはや「悪戦苦闘しながら出社し、たどり着く」という行為そのものに価値を見いだすのは、時代錯誤でしょ。 携帯電…

山場をこえて

9月になり、もう1週間が経ってしまった。 仕事でもプライベートでもひとまず山場をこえた、と自分では勝手に思っている。 仕事、といっても地方の中小零細企業の労働者の範疇になるけれど、たまには胸張ったって良いじゃない良いじゃない。 プライベートでも…

ちょっとしたことでイライラしてしまう

月曜日。 なぜかちょっとしたことでイライラしてしまう。 攻撃衝動が活発だったな、今日は。 会社と家の往復が、精神的に疲弊させているのだろうか。 協力会社の人と飲みに行く機会があった。 お酒はそんなに強くない自分だが、せめて世界を広げるために。 …

夏の終わりが見えてきた

八月も残り数日。 蝉も悔いが残らないように精一杯鳴いている。買い物で立ち寄ったお店の展示物が、一部ハロウィン仕様になっていた。はやっ!商魂たくましいな。確実に季節は移ろう。 日差しの中、風の中、空の変化の中に少しずつ次の季節を感じる。今年の…

少しはずれると隣にいくとド素人

社会人もそこそこ長くしていると、自分はもうほぼほぼ完成した人間になったのでは?と思い違いとしてしまう。少し自分の守備範囲からはずれると、それはとんでもない思い上がりだと思い知らされる。 自分はただのド素人で、わかったつもりでわかっちゃいない…

もう一つの世界を持つ人

また労働者の日々が始まってしまった。 社内で浮いている、ときめきのめくるめく日々がまた始まるのだ。よく言われることだけれど、人は孤独な生き物。 社交的で、常に人の輪の中心にいる人でさえも孤独。 そして、その孤独を埋めてくれる「確かなもの」なん…

ああ、夏の日々

今日まで大型連休だった人や、お盆休みなんてねーよ!という人、業界や業種、職種の数だけいろいろあるでしょうが、ほとんどの人は「明日、仕事行きたくねー」と心の中がどんよりしているはず。 私も短いお盆休みが終わってしまい、明日からまた労働者の日々…

夏の残滓

夏らしいことをなにひとつしていない。 昭和20年。1945年。敗戦。 無学の私だが、大きな流れの中で散っていった無名の人たちに。 実家に顔を出し、両親の健康状態を観察し、会話しておかしなところはないか確認作業。 そして実家からむさ苦しい男やもめの部…

箸がとまらない

無事に帰省。 ここは時間の流れなんて無いんじゃないかと感じる場所だと、いつも思う。 帰省するたびに「ここは退屈迎えに来て」が頭に浮かぶ。 だれか、だれでもいいから!迎えに来て! (できれば巨乳の人で (´;ω;`)) ただ、実家のごはんはめちゃめちゃ…

夏の風物詩といえば

夏の風物詩といえば、何を思い浮かべます? 自分の場合、ひとつとして高校野球が思い浮かぶ。 めちゃくちゃなファンでもないけれど、学生の頃は高校野球をよく見ていた。地域の新聞で地区大会の結果なども目を通していたこともあった。 強豪校に、思わぬ伏兵…

ネットの言葉

ネットで見かける「上司ガチャ」という言葉。 自分も経験した。身近でも観測できる。その身近な例の場合。 「あれはちょっと可愛そうだよ、あの人の下にいても何も身に付かないから時間の無駄だよ」と言われている若手がいる。上司ガチャである。自分もそう…

孤独を感じるとき

どんな人間にも孤独を感じるときがある。 自分の場合、仕事中とくに強く感じるのは社内行事、プライベートではほぼ毎日。 本当に、社内行事はつらい。社内調整、根回し、端から見ればどうでもいい忖度、権力闘争(コップの中の嵐ともいう)。 コミュニケーシ…

やっと作った

同僚と話していて、「これからまず3年くらいが勝負だよな」という会話になることが多い。 そして、「仕事をきっちり頑張る。すべては自分のために」という会話になることもしばしば。 もちろんこれは、今自分が身を置いている「組織の先行き」を考えてのこと…

いろいろ削られる

暑い。体力を削られる。 職場で、何の取り柄もない空気みたいな存在になっていきそう。 挫けそうな気持ちをセルフメンテしながら、足掻いてみせるけど。 過去の栄光にしがみつくのではなく、前へ前へ。そういう気持ちでありたい。 夜ご飯で入った定食屋で、…

よくやっている

あるブログを読んでいたら、 「人間関係の資産がなかった」という言葉に出くわした 。 前に「文化資本」で日記を書いたけど、その時と同じような気持ちになった。 (生まれ落ちた環境などから、代々受け継がれていく目に見えない財産、「文化資本」。)自分…

おっさんの物欲

悩んで迷って、時に自分を叱咤激励しつつ、タブレットを購入した。 ネットで一番価格が安かった店舗から購入。 タッチペンは純正品にし、ほかはすべてサードパーティー製にした。購入した理由は、抽象的でうまく言語化出来ないけど、【現状維持だけはなんか…

ちょっと強く思った日

連休明けの火曜日。 全国のサラリーマンからため息が聞こえてきそう。 そんで、曜日が関係ない職種に身を置いているサラリーマン方々、お疲れ様です。労働者なら何百万回と頭に浮かんだかわからないフレーズが、脳細胞から滲んできた。「もし、今の会社がな…

普段が見える

夏の小旅行の宿を取った。 今から夏の旅行の段取りをしているようでは、出遅れているってもんだなぁ、と自分でも思う。 こういうところで、普段の仕事ぶりが見えるなー。通勤途中、「そういえばあの場所気になってたんだよなぁ行ってみるか」と思い出し、ば…

居酒屋談義

華金だけど、いつもの某珈琲店で資格試験の勉強。勉強しつつ、「誰かが作った問題集を効率よく解くことに、なんの意味があるのだろうか」という考えがちらつく。労働者は歯車でしかない、とわかってはいるつもり。 唯一無二なんて、有り得ない。同僚に虚仮に…

非モテと傘と日曜日

タイトルはスキマスイッチの「僕と傘と日曜日」のもじりです。 こんな夜に、ぴったりの曲。 そうそう、おそろいのストラップ買ったよね。 うぅ、歌詞と思い出がリンクする。 パッとしない雨模様の天気の休日。 ちょろっと買い物して、千円カットいって、映画…

白か黒ではない

昨日より今日、今日より明日。 なるべく前向きになるように、気持ちをセルフコントロール。 2、3年前とほとんど同じ仕事をしていることってヤバくね?!と思いつつ、日常に流されている感が強い。もともと性格は保守的で、変化になかなか乗れない時が多い…

体調が安定しない

ここ数日、体調が安定しない。 健康はとても大切。 仕事もとても大切。だけど、心と身体を壊してまでするものでもないな、と思う。 自身が立ち回るのが下手だとも思う。 気を抜くと、ブログで愚痴を書きたくなるけど、理不尽にさらされているのは自分だけで…

よっこいしょという

「アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア/大木 亜希」を少しずつ読んでいる。 まだ読み終わってはいない。 そして、この本に登場する元アイドルたちの「現役時代」をまったく知らない。生き様は十人十色。個人的には、ラジオ局に就職した子、賢い…

表層を追いかけていくと

LINEニュースでは、交通事故の速報が届く。 ネットでは「無敵の人」という単語をよく見かける。 紙媒体、電子媒体問わず、雇用問題のニュースに目がいってしまう。 年金制度、あとは自己責任でどーにかしろ、とぶん投げてくる。殺伐、と言うととても大げさだ…

殻を破りたい

殻を破りたい。 別の言葉で言うと、一皮むけたい、ともいう。遅かれ早かれくる、AI化、自然淘汰、時代の変化。 ちょっとやそっとのことでは動じない度胸や思考の先読み能力をもっと身につけたい。 あー、あと社内政治も生き残れるように。 そしてその代償と…

隙間時間を活用しつつ

職場なのに仕事に集中できない質になってきたような気がする。 仕事に集中したいのに余計な情報がいろいろと入ってきて、集中できない。 本末転倒ではないだろうか。 社内で、あるルールが適用され始まった。 ルールや約束事は、ルールそのものの内容より、…