クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM、PENTAX)、小説、映画、旅行とか。

雑感

砂時計が落ちてゆく感覚

ここ最近毎朝、「このままでいいのか、いまのままでいいのか」という考えが頭に浮かんでは消えていきます。 もちろんなにも打開策も浮かばず、現状を変えてくれる出来事が起きる気配は1mmもありません。日常に追われ、1日の終わりに若干の安堵感と後悔がない…

もう日曜日が終わる

もう日曜日が終わる。 いつもの時間に目が覚めるが、二度寝という快楽を貪り、昼前くらいに起床。 買い物の予定があったため、珍しく電車に乗り都市部へ。 土曜日も少し仕事をして疲れが残っていたのか、日曜日のそこそこ混雑した電車内は結構ストレスでした…

うらみちお兄さん面白い

漫画、うらみちお兄さんが面白い。 仕事から帰ってきて、寒い部屋で一人、漫画を読んでゲラゲラ笑っています。勉強しようと思ったけれど、今日はだらけてしまいました。 こんな日もある。現像に出しているフィルム、早く戻ってきてほしい。楽しみです。 フィ…

休日限定で

人は見かけによらない。 目に見えるものだけで人を決めつけ、侮ってはいけない。 驕ってもいけない。 その人がどんな実力を備えているかは、わかりっこないのだから(うまく擬態している人は除く)。 その人は実力で語るタイプの人だった。 うん、もっと精進…

ネットの海を漂っていたら

ネットの海を漂っていたら、ガツンとくる曲にぶつかった。エピゴウネ/日食なつこ はい、歌詞にやられました。 今日も労働頑張った。 あと1日。 一体いつから、土日の休みだけを楽しみにする人間になってしまったのでしょうか。大人の動画を見て、寝る。

迎春

明けましておめでとうございます。 無事、新年を迎えることができました。 といっても、元日に特別な何かを感じることもなくなりました。 ただの長い連休、という感覚が強いです。 年越しは、実家に戻り家族と迎えたり、実家には戻らず友達と迎えたり、はた…

2019年の備忘録

2019年 非モテ会社員の備忘録 行きたいと思っていた街へ小旅行に行った。 生涯行くことはないと思っていた街へ行くことが出来た。 行きたいと思っていたライブに行った。 去年だったら、行くなんて思いもしていなかった『野外フェス』に行った。 欲しいと思…

グラデーションなんだ

危機管理として当たり前のことなんだけど、一部の同僚たちはいつ辞めても良いように備えているようだ。現状を分析、近い未来を予測し、対策を立てる。 当たり前のことなんだけど、そんな当たり前のことを再認識する1日だった。 それだけ、この「日常」に染ま…

エコーチェンバー

テレビを見ていたら、「エコーチェンバー」という言葉が耳に飛び込んできた。 閉鎖的空間でのコミュニケーションを繰り返すことによって、特定の信念が増幅また強化される状況の比喩である、らしい。 まさに地方の中小零細企業を表しているではないか、と思…

週の真ん中 思うこと

趣味は自分のペースで楽しんでいる。 だからこそ「趣味」と表現するだろうけど。 もう1つくらい、なにか継続して続けられるものがあれば、生活も変わるだろうか。 観たい映画もたくさんあるし、食べてみたいものや、行ってみたい場所もまだまだある。 だけど…

今時の言葉を使いそうになってしまう

今時の言葉を使いたくなるような文章に出会ってしまった。 anond.hatelabo.jp つい使いたくなった言葉。 そう、「わかりみが深い」という言葉。 若者言葉、らしい。知らないけど。 そしてこの文章、もう、他人事とは思えない! 思えないんだよー!! とくに…

危なかった

どんなに気をつけていても、防げないことはあるし、様々な要因が重なり巻き込まれることもある。 こればっかりは予測できないのが恐いところ。危なかった…。 運転していて、踏切で線路内に取り残されそうになった。 冷静に考えれば、取り残されてもボタンを…

ソレヲユルサナイ

世間様の流れに乗り、サイバーマンデーセールでモバイルバッテリーやスピーカーなどを購入。 正直な話、ブログを始めていなかったら、このセールのことを知ることはなかったかもしれない。けっこうな情弱。ブログを始めた効果で思わぬところに連れていっても…

先に浮かんだこと

某新聞社で45歳以上の「早期退職」募集をかけることが判明した、とスマホの通知でネットニュースのヘッドラインが流れてきた。 最近、ほかの大企業でも、同じようなニュースを目にした、気がする。 無学の私は、日本経済の構造や組織の在り方に精通している…

わからんのですわ

12月になってしまった。 今年ももう1ヶ月で終わる。 どうやら今年も彼女が出来きずに終わりそうだ。 いや、本当に彼女が欲しいのだろうか。 大人の動画の見過ぎで、だいぶ認識が歪んでいるはずだ。 非モテをこじらせると、とても厄介だ。世間から大分ずれて…

ここまで書いておいて

お仕事系と言えば聞こえの良い漫画を読んでいる。宮本君から君へ。 エンゼルバンク。エンゼルバンク、社会人なりたての頃、立ち読みしてた記憶があるけど、内容をほとんど覚えていなかった。 今の社会人の立ち位置で、ちゃんと読むと面白い。 当時は自分の境…

見え方なんていくらでも変わる

同業他社に移っていった元同僚たちの噂話がときおり耳に届く。 噂話をする人によって、元同僚たちの「その後の姿」が違うのが面白い。 ある人は「あいつは今、新しい職場でガンガン売り上げをあげているようだ」、 ある人は「あいつは今、遊び癖のある上司の…

高揚感と虚しさにつつまれて

(注意)リアルタイムのことではない。 結果だけが身を守ってくれる。 日本人は真面目すぎる、という話をたまに聞く。大人になったら勉強なんてしても意味がない、という話もたまに聞く。一度きりの人生、遊ばなければ損だよ、とも。 ただ、人間は老化し退化…

リーマン的話題

本日の労働、終了。 リーマン的な話題で一日を締めたいと思う。会社と部屋の往復の生活で、世間の話題についていけてない。 桜をみる会で、どうたらこうたらしているようだ。弊社にも、定期的に開催され、選ばれしものだけが参加することができる飲み会があ…

たまたまの偶然だけれど

前に書いた日記。 ↓ haretaraiina.hatenablog.jp このとき載せた写真は、街を歩いていた時に、「お、なんかいい感じ」と思ってスマホで撮ってLightroomで現像した。 多分、ここは撮影スポットではないはず。 だってカメラを構えた人なんて全然いなかったし。…

寄る辺ない気持ちに包まれて

たまにやってくる、寄る辺ない気持ちに包まれている。 霧が晴れるようにふっと見えてしまうときがある。 「自分という人間は、捕食される側なんだ」という、寄る辺ない気持ちだ。 これが強烈になると、そこそこやばいのかしらん。 ま、鈍感力は高いけど。 今…

浸りたいわけではないが

昔はこうだった、とノスタルジーに浸りたいわけではないが、社会人になりたての頃は通勤中の時間つぶしといえば読書か音楽やラジオを聴く程度しかなかった。 今はというと、通勤中はビジネス系のyoutubeを見たり(聴いたり)している。 あとはSpotify。 あれ…

しなくてもいいのに

非モテの連休。 ここの最近、少し仕事に余裕が出来たため、この連休中はいっさい仕事絡みのことはしなかった(いつまでこの状況が続くかわからないが)。 ただ少し前に、しなくてもいいのについ仕事のメールを確認してしまった。うん、だって社畜だもの。 平…

良いと思ったことはマネする

私はどちらかというと、「出来ない側の人間」である。 一緒になにかの作業をすれば、嫌というほど思い知ること請け合い。 だから誤解を恐れず言えば、人の行動や言動、使用している物を観察して、良いと思ったことはマネするようにしている。 そこにプライド…

その名に違わず

アウトプットしたくなる衝動が来た。 でも、アウトプットする相手がいない。 切ない。 人は誰かと繋がっても、完全に満たされることはない。 けど、誰かに相手にしてほしい。 といっても、人生の引き出しが圧倒的に少ないから、「なにかを言っているようで、…

疎いからよくわからない

ここ最近ネットを見ていると、バチェラーという単語をよく見かける。 そういうの疎いからよくわからない。 ここ最近、プライベートで奇跡的に複数の女性とLINEで連絡を取り合っている。 こんなことはもう起こらないだろう。 といっても、まったく浮ついた話…

身体がめちゃくちゃ楽

幸運なことに祝日の恩恵を受けるとことが出来た。 いつもなら通勤している時間に惰眠を貪る。めちゃくちゃ気持ち良い。 こういうとき、自分はまだ恵まれた環境なのだろう、と思う。 冬物を購入したり、少し掃除をしたり、ふるさと納税したり、勉強したり、ゲ…

遠くに行けるわけもないが

映画「ジョーカー」が気になっているが、なかなか観に行けない。 観に行けないまま、上映期間が終わってしまうかもしれない。 いや、これは言い過ぎか。気持ちの問題だろう。 カメラをもって少し遠くにお出かけしてきた。 週末から写欲がムクムクと膨れ上が…

理想は理想だけど

秋刀魚を食べた。 うまい。魚の食べ方が綺麗な人って素敵。理想は理想とわかっているけれど、もっと丁寧な生活を送りたい。 時間に追われず、季節の食材に触れ料理を楽しみ、適度に余裕を持って部屋を清掃出来、本来なら風邪を引くという生物なら当たり前の…

労働者は見た

労働者は見た。 華の金曜日、立体交差で信号待ちをしているとき、ふと下の道路の方に目をやると高校生カップルと思しき男女が抱き合っているではないか。労働者は思った。 非モテがどんなに望んでも手には入らないものを、いとも簡単にかっさらっていく人間…