クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路弱小会社員の日々の記録。他愛もないことから、写真・カメラ(Canon、時々FUJIFILM、PENTAX)、小説、映画、旅行とか。

日常

環境に影響を受ける

仕事が始まりもう水曜日。 身体はもう通常運転になり、朝いつもの時間に起きるのにも慣れてきました。 会社員の悲しい性です。 今日も仕事という名の作業をして、無事に帰宅。 こんな無味乾燥の生活を変えたい、とここ最近よく思います。 しかし、人が変わろ…

誰もが感じる憂鬱

明日が仕事始めの会社員の方は多いと思います。 誰もが思っていることでしょうが、あえて言います。 仕事行きたくねぇ(いろいろと憂鬱です)。 しかし、行かないわけにはいかない。 身体は、勝手にいつもの時間に起きるだろうし。 感覚が通常運転に戻るまで…

迎春

明けましておめでとうございます。 無事、新年を迎えることができました。 といっても、元日に特別な何かを感じることもなくなりました。 ただの長い連休、という感覚が強いです。 年越しは、実家に戻り家族と迎えたり、実家には戻らず友達と迎えたり、はた…

2019年の備忘録

2019年 非モテ会社員の備忘録 行きたいと思っていた街へ小旅行に行った。 生涯行くことはないと思っていた街へ行くことが出来た。 行きたいと思っていたライブに行った。 去年だったら、行くなんて思いもしていなかった『野外フェス』に行った。 欲しいと思…

生活と密着したことで発生する

昨日は帰宅後なにもする気力が無く、さっさと布団に入った。 今日は仕事終わりに資格試験の勉強をする余力があり、テキストとにらめっこ。 残り数ヶ月の今年も起床、仕事、資格勉強、睡眠のサイクルの日々を送ることになりそうだ。 浮いた話は出てくることは…

ちょっと前に起きた

ちょっと前に起きた。 枕元に置いておいた爽健美茶が旨い! 喉が痛く、風邪の前触れか?と思っていたが、予想は的中した。 早めに病院に行っておいて良かったー。 全快ではないけど、身体はだいぶ楽だ。今週の労働もよく頑張りました。 台風が日本列島に向か…

選択する苦しさ

この前、某米国のコーヒー店でせっせと別の資格試験のテキストとにらめっこしていると、近くの席で人生の先輩たちが向かい合って話し込んでいた。 (日本人って資格好きだよね。資格よりも実務能力や自分がもっているネットワークの方が大切なのに、資格を取…

季節の変わり目だから

午前中、少し用事と買い物を済ませ帰宅した。 身体は強い方ではない。 季節の変わり目だからだろうか、身体の調整がいまいち。 少し昼寝のつもりで横になったら夕方になっていた。 それから覚醒して、近所の定食屋さんへ。 冷やし中華がうまし。 これから仕…

とうとうデビュー

非モテおっさんのどうでもいい出来事だが、とうとう電子書籍デビューをした。先日タブレットを購入し、せっかくだから電子書籍にも触れてみようと思い試してみたところ、結構便利だ。そしてなにより音声読み上げ機能が最高過ぎる。 寝る前とか目が疲れている…

15%の休日

連休あけの1週間が終わり、金曜日の夜は帰宅後床に横になったら、しばらく起き上がることができなかった。 疲れなのか、久しぶりの労働で気を張り詰めすぎたのか(重大プロジェクトをまわしているわけでは、全然ない)、なんだったんだろう。 体力の低下もあ…

続けること続いていること

家計簿を見返したら、いつのまにか5年ほど経っていた。 そろそろ6年目に入りそう。Excelや高機能なソフトで集計しているわけではない。 スマホのアプリに、レシートの金額をひたすら打ち込むだけ。 レシートが無いときや貰えないときは、記憶の中の金額を入…

10数年前の小骨

映画「新聞記者」を鑑賞。 松坂桃李、雰囲気出てた。 移動中、前触れもなく記憶の中に眠っていた、曲名は知らないけど1フレーズだけ印象に残っていた歌詞が浮かんできた。 「そのひとことが かんたんすぎて でてこないのです」 記憶の中の優しい声、気持ちを…

雨の日に思いつく曲

雨の日に思いつく曲。前にブログで書いたかわからないけれど、雨の日に家入レオの「silly」という曲が浮かぶ。歌詞もいい。 救いを求め 満たされたくて 今日を生きてる何かを求め 確かめたくて 今日も生きてる 騙せるのなら 現実なんて 必要じゃない そんな…

凪の1週間

今週は、業務的には凪の1週間。 嵐が来るまでの凪の時間。 油断していると一気に業務量が増えたり、暇な風にしているとどうでも良いことを押しつけられたりしそうだから、存在感を極力消している。 いつもの平日より少し時間に余裕がある為、資格の勉強以外…

購買意識

1週間の労働が終わった。 大げさにいうとここ数年、余所行きのおしゃれ服を買ってない。 ユニクロとかでちょっとしたシャツやパーカーや靴下とかを買うくらいだ。 自分がファッションセンスとか壊滅的なのは自覚している。 ファッション雑誌なんて、ほとん…

よくある光景と400

この記事で400記事目ということみたいだ。零細企業で日々労働に励む、冴えない非モテの日常くらいしか書くことが出来ない。 他人様に胸を張って話せる人生とは無縁。 今日も今日とで、資格試験の勉強。 たまに勉強で使用する某コーヒー店。よく見かける可愛…

冷やし中華うまい

暑い。5月でこの気温。 街を行き交う人たちが夏模様だ、女性が美しい。 夏になるとふと思い出す1曲。 ドラマ版漂流教室のエンディング、「Loveland,Island」。 それにしても暑い。 さっそく冷やし中華を食べてしまった。 麺をすすりながらテレビを見ている…

十年後の身悶え

地方都市の片隅で買い物中、ユーチューバーらしき人物を見かけた。 カメラに向かって神妙な顔で語りかけていた。 (地方都市地方都市と連呼してるけど、地方都市の定義がよくわかっていない。不勉強。)よく東京などの大都市圏でわちゃわちゃやってる動画は…

一時間遅れは

ランチメニュー目当てで入ったお店、いざ注文しようとしたらランチの時間は終わっているという。あれ?と思い時刻を確認したところ、やっぱりまだランチタイムだ。 少し考え、鞄からスマホを取り出し時刻を確認するとランチタイムは終わっている時刻だった。…

好きな顔

人が音楽や映画、小説でもいい、その感動に胸を打たれている時の顔が好きだ。 何かを決意し、まだ見ぬ未来に向けて、顎を引きぐっとこらえている時の顔が好きだ。 夜になると不安と焦燥感が交互にやってくる。 それでも見知らぬ人の、感動に撃ち抜かれた顔を…

あっという間の1日

仕事でも趣味でも、精進しなければ、と思う1日だった。 「遊び」って大切だ。それが如実に表れる時がある。 というかこんなことを思い、「わたし、遊んでますよ」という周囲にアピールをしている時点で、背伸びしているだけだ。 思考は堂々巡りしつつ、「ま…

子供みたいな話と腕時計

子供の泣き言のような話だけれど、相も変わらず職場の中では浮いている。 とくにプロジェクトなどが動いている時は、痛烈に肩身の狭さを感じる。 持つ必要の無い、自己否定の気持ちが湧いてきてしまう。 能力が無いから、いてもいなくても大して変わらない。…

夜の帳が下りる

あっちゅーまに土日が終わる。 記帳して、髪切って、買い物して、用事済ませて、散歩して。 なんてことない1日だったけど、これが幸せってものなんでしょう。 夜道を歩いていたら、小さな子供たちがケラケラ笑いながらふざけ合っていた。 その通り沿いにある…

忘れることは悪いことではない

お昼ご飯で入ったお店の店員さんが、フレンドリーだった。 話しかけられたので、人とのコミュニケーションに飢えていた自分は早速会話をはじめる。インド人だという店員さん、日本語がうまい。 母国語と英語と日本語が話せるという。 ただ英語は使ってないか…

田舎事情 文化資本編

※あくまで私の生活の範囲で見聞きし感じたことであり、実際とはだいぶ異なっている箇所も多々ありまくりと思われる。そのあたりはご愛嬌で。 自身が感じる、上手く言葉に出来ない苛立ち、目に見えない壁や不公平感の根っこの遠因をまさに的確に表した言葉。 …

田舎事情 コンビニ編

所謂大都市圏の住んでいるわけでもないし、そこに通勤し働いているわけでもない。 大都市、地方を問わず存在し、使用したことが無い人はいないはずのコンビニ。 自分の皮膚感覚でもわかるくらい、外国人の店員さんが目立つ。とにかく目立つ。 先日、アメリカ…

田舎事情 治安編

大型連休中、故郷へ帰省した人もたくさんいただろう。 私も少しだけ実家に顔を出した。 故郷は相も変わらず、故郷のままだった。 小さい頃から変わらないたんぼ道、錆付いたシャッターが下りた個人商店、少しずつ年老いていく親。 田舎は人間関係が濃密だと…

いつか訪れること

小旅行から帰ってきた。 旅先の地元の幸に舌鼓を打ち、もう2度と来ることはないだろう景色を心に刻み、その土地に生活の根を下ろしている人たちの言葉を聞き表情を見る。 これから実家に少しだけ顔を出し、大型連休をだらだら過ごそう。 少しだけ仕事を持っ…

ノートを買い足す

ブログを始める以前から、どこにでも売っているノートに簡単な日記や記録を書いている。 その日に聞いた、自分の狭い了見を吹き飛ばすような考えや言葉を記憶に書き留めておき、それからノートに書く。 ほとんど仕事絡みのもの。たまに、ニュースを見てて面…

なにも変わりはしないけど

久しぶりに会社の人以外と話していて、そりゃそうだ、と思ったことがあった。「人間関係が良くなく、社内で少しでも存在感をと思って資格の勉強はしてるんです」 「そうなんだ、いいですね。でも資格をとっても現状は解決しないですよね」 「あー、確かにそ…