クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

日常

一時間遅れは

ランチメニュー目当てで入ったお店、いざ注文しようとしたらランチの時間は終わっているという。あれ?と思い時刻を確認したところ、やっぱりまだランチタイムだ。 少し考え、鞄からスマホを取り出し時刻を確認するとランチタイムは終わっている時刻だった。…

好きな顔

人が音楽や映画、小説でもいい、その感動に胸を打たれている時の顔が好きだ。 何かを決意し、まだ見ぬ未来に向けて、顎を引きぐっとこらえている時の顔が好きだ。 夜になると不安と焦燥感が交互にやってくる。 それでも見知らぬ人の、感動に撃ち抜かれた顔を…

あっという間の1日

仕事でも趣味でも、精進しなければ、と思う1日だった。 「遊び」って大切だ。それが如実に表れる時がある。 というかこんなことを思い、「わたし、遊んでますよ」という周囲にアピールをしている時点で、背伸びしているだけだ。 思考は堂々巡りしつつ、「ま…

子供みたいな話と腕時計

子供の泣き言のような話だけれど、相も変わらず職場の中では浮いている。 とくにプロジェクトなどが動いている時は、痛烈に肩身の狭さを感じる。 持つ必要の無い、自己否定の気持ちが湧いてきてしまう。 能力が無いから、いてもいなくても大して変わらない。…

夜の帳が下りる

あっちゅーまに土日が終わる。 記帳して、髪切って、買い物して、用事済ませて、散歩して。 なんてことない1日だったけど、これが幸せってものなんでしょう。 夜道を歩いていたら、小さな子供たちがケラケラ笑いながらふざけ合っていた。 その通り沿いにある…

忘れることは悪いことではない

お昼ご飯で入ったお店の店員さんが、フレンドリーだった。 話しかけられたので、人とのコミュニケーションに飢えていた自分は早速会話をはじめる。インド人だという店員さん、日本語がうまい。 母国語と英語と日本語が話せるという。 ただ英語は使ってないか…

田舎事情 文化資本編

※あくまで私の生活の範囲で見聞きし感じたことであり、実際とはだいぶ異なっている箇所も多々ありまくりと思われる。そのあたりはご愛嬌で。 自身が感じる、上手く言葉に出来ない苛立ち、目に見えない壁や不公平感の根っこの遠因をまさに的確に表した言葉。 …

田舎事情 コンビニ編

所謂大都市圏の住んでいるわけでもないし、そこに通勤し働いているわけでもない。 大都市、地方を問わず存在し、使用したことが無い人はいないはずのコンビニ。 自分の皮膚感覚でもわかるくらい、外国人の店員さんが目立つ。とにかく目立つ。 先日、アメリカ…

田舎事情 治安編

大型連休中、故郷へ帰省した人もたくさんいただろう。 私も少しだけ実家に顔を出した。 故郷は相も変わらず、故郷のままだった。 小さい頃から変わらないたんぼ道、錆付いたシャッターが下りた個人商店、少しずつ年老いていく親。 田舎は人間関係が濃密だと…

いつか訪れること

小旅行から帰ってきた。 旅先の地元の幸に舌鼓を打ち、もう2度と来ることはないだろう景色を心に刻み、その土地に生活の根を下ろしている人たちの言葉を聞き表情を見る。 これから実家に少しだけ顔を出し、大型連休をだらだら過ごそう。 少しだけ仕事を持っ…

ノートを買い足す

ブログを始める以前から、どこにでも売っているノートに簡単な日記や記録を書いている。 その日に聞いた、自分の狭い了見を吹き飛ばすような考えや言葉を記憶に書き留めておき、それからノートに書く。 ほとんど仕事絡みのもの。たまに、ニュースを見てて面…

なにも変わりはしないけど

久しぶりに会社の人以外と話していて、そりゃそうだ、と思ったことがあった。「人間関係が良くなく、社内で少しでも存在感をと思って資格の勉強はしてるんです」 「そうなんだ、いいですね。でも資格をとっても現状は解決しないですよね」 「あー、確かにそ…

週の真ん中折り返し

幸いなことに週の真ん中、折り返し地点。 そうではない労働者の方々、お疲れ様です。 あわや正面衝突、という場面を見た。 おっさんが渋滞にしびれを切らしたのか、なにをとち狂ったのか公道で逆走し始めたのだ。 さすがおっさん、自分の世界しか見えていな…

ボリューミーで旨い

朝起きる。 洗濯する。洗濯機の駆動音が二度寝を誘う。 近所の桜を撮る。先客がすでに撮影していた。全く知らない人だけど、目が合い、ついお互い会釈をしてしまう。腰が低い日本人らしい行動。 同僚から教えてもらった美味しい洋食屋へ行ってみる。 ボリュ…

魚には詳しくないんだ

1週間に5日間働く、という前提の労働の場合、週のどこかで1日休みがあるだけで、身体がだいぶ楽。 楽をしたいわけではないけど、ほんと身体が休まるなー。 そんなエアポケットの様な休日、独り身の男の1日の流れ。 起床。 桜の開花予報を見間違えたため、お…

生演奏に触れ

社会人で、家庭と職場以外の世界を構築している人はとてもかっこいいと感じる。 そしてそれは一時のものではなく、繰り返される日常の中でも連綿と続く意思の力にも思えて憧れる。 いつもブログを読ませていただいている、ずずずさんのライブにお邪魔してき…

大仕事も終え

非モテのおっさんが、チョコのお礼を返すという今月最大のミッションは無事に終わった。 ふー、非モテコミュ障おっさんには大仕事だった。 にい●まは、妙に艶やかで想像力を刺激する。 リア充たちは、今日は仕事終わりに待ち合せしてイチャイチャしているん…

平日の白き日

そうか、明日はホワイトデーだ。 今年は奇跡的に、義理のチョコレートを頂いた。 義理とわかっていても、いろいろと反応してしまう自分に、男って馬鹿だよなぁ、と苦笑い。 頂けたのは日頃の行いが良かったから、と思いたい。 だって、学生の頃は母親からし…

庭と気持ちを立て直す

昨日は汚い言葉を使って愚痴ってしまった。だけどここは普段誰に見せるわけでもない、自分の感情を吐き出すために作った自分の庭とも思っている。格好付けても仕方ない。 本音と建前。 現実社会もネット社会も変わりはしない。 さすがにここには書けないこと…

連休最終日の一コマ

連休最終日。 寒くて、中々布団から出られない。 1本かけなくてはいけない電話があった為、なんとか起床する。 電話を済ませ、遅い朝食を食べ、ホットコーヒーを飲みながらパソコンをいじる。 これから少しだけ仕事っぽいことをして、電話の件を済ませ、資格…

連休だけどプライベートの予定無し

関東は雪が舞った。 恵まれていることに世間様で言う連休だが、予定がない。 資格試験の勉強か、映画を観にいくことくらいしか予定がない。 女の子と会う予定もない。大人の動画を見るくらいしか娯楽がない。 刮目せよ、これが独り身、非モテ、コミュニケー…

枯れた花もいい

私はよく、ものを知らないねぇ、と言われる。この前、住宅街を歩いていると、敷地から道に綺麗な花が飛び出ている家にぶつかった。 早速鞄からカメラを出し撮り始める。 なかなか思ったように撮れないな、と思っていると、花の陰からその家のご主人とおぼし…

買い物中に

買い物中、流れてきた曲。 気持ちが妙に引き寄せられた。 その場でメモし、歌詞を頭に刻み、部屋に戻り検索しちゃんと聴いてみる。 20年前の曲。 このMVに出ている人たちは今、何をしているのだろうか。 そんなところも気になってしまう。 ハラハラ舞う雪に…

無言実行

幸か不幸か仕事上、今月は大きなイベントは無い。 エアポケットのような2月である。 だからこの隙にいろいろとしたいことや、行ってみたい場所、お邪魔したいライブなど たくさんある。しかし、なかなか実現できていない。 仕事などを言い訳にしてはいけない…

月曜日の夜

月曜からそこそこ残業。きっついな。 土日で実家に行ってきた。 ま、この歳になるといろいろと、ある。 現実はものすごいスピードで動き続けて、追い風に煽られているようだ。 自分自身は何も変わっていないと思っていても、いつの間にか精神年齢が中学生く…

エマージェンシーサイン

録画しておいた「事件の涙」を見た。 2018年。 九州大学で、焼身自殺を図ったある男性の人生を辿ったドキュメンタリー。 当初は九州で起きた、小さな事件に過ぎなかったはずだった。 苦労を重ね入った大学、大学院。 憲法や法律を学び、不平等を変えていくた…

若者を鼓舞する言葉が溢れる日だけど

若者を鼓舞する言葉が溢れる日だけど、そんなことよりも、やっと体調が戻ってきた。 まだフラフラするけど、明日からの業務に耐えられるだろう。 そう、歯車なのだ。 ぼくたちは、何かの手により、未来にまかれた歯車なのだっ!! ちょっと違うか。 歳を重ねる…

もう一眠りしよう

風邪を引いた。 木曜日あたりから喉の痛みと寒気を感じていて、嫌な予感はしていたが、的中してしまった。 早々に仕事を切り上げ、帰宅。 部屋に着く頃には、倦怠感で歩くのも面倒くさい状態になっていた。 一度座ってしまったら、再び立ち上がるのは至難。…

スクラップブック

仕事が始まり、平常運転になりつつある週の真ん中、水曜日。 ああ、長期休みに入る前はこんな感じだったな、と思い出してくる。 趣味のカメラのメイン機はCanon。 明るいレンズが欲しい。大三元までいかなくとも、小三元レンズ欲しいなー。 でも高いんだよな…

洗濯物にあたる陽が翳っていく

今日は遠出しようと思っていたけどやめにした。 時々、旅行に行ったところで何の意味があるんだ?と思ってしまう。 同行者はおらず、旅先で旅情を言い合える訳でもない、知り合いを増やせるほどのコミュニケーション能力があるわけでもない。 何のために行く…