クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

2018-03-22から1日間の記事一覧

社会人なった時

就職したての頃の話。初めての上司は、スーツが似合う男性だった。学校を卒業したばかりの、世間知らずのもっさりした自分から見ても、とても格好良く見えた。 小洒落た名刺入れ、革の小銭入れ、食事の際のスマートさ。スーツの着こなし。 趣味が吹奏楽で、…