クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。愛機はCanonの一眼エントリー機。

2018-01-09から1日間の記事一覧

待ち構えているのは

食事で入ったお店の斜向かいの席で年頃の女性が二人会話をしていた。 どうやら恋バナのようだ。その、若い女性なら当たり前の会話が聴こえてきて、俺はなんなんだ、といたたまれなくなった。 荒んでるな、自分。 成人式。個人的な見解になるけど、 コネも無…