クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

ちょっと強く思った日

連休明けの火曜日。 全国のサラリーマンからため息が聞こえてきそう。 そんで、曜日が関係ない職種に身を置いているサラリーマン方々、お疲れ様です。労働者なら何百万回と頭に浮かんだかわからないフレーズが、脳細胞から滲んできた。「もし、今の会社がな…

食事を楽しめるのは幸福

期日前投票に行き、新鮮なトマトをかじり、美味しいカレーを食べ、ビールを飲む。 幸福じゃ。 先週から引き続き、仕事は凪に近い状態。でも、そのうちに絶対に荒れる。 お金は湧いてこない。経済活動して、労働して、発生するもの(しんどいねー)。 今は力…

普段が見える

夏の小旅行の宿を取った。 今から夏の旅行の段取りをしているようでは、出遅れているってもんだなぁ、と自分でも思う。 こういうところで、普段の仕事ぶりが見えるなー。通勤途中、「そういえばあの場所気になってたんだよなぁ行ってみるか」と思い出し、ば…

雨の日に思いつく曲

雨の日に思いつく曲。前にブログで書いたかわからないけれど、雨の日に家入レオの「silly」という曲が浮かぶ。歌詞もいい。 救いを求め 満たされたくて 今日を生きてる何かを求め 確かめたくて 今日も生きてる 騙せるのなら 現実なんて 必要じゃない そんな…

居酒屋談義

華金だけど、いつもの某珈琲店で資格試験の勉強。勉強しつつ、「誰かが作った問題集を効率よく解くことに、なんの意味があるのだろうか」という考えがちらつく。労働者は歯車でしかない、とわかってはいるつもり。 唯一無二なんて、有り得ない。同僚に虚仮に…

凪の1週間

今週は、業務的には凪の1週間。 嵐が来るまでの凪の時間。 油断していると一気に業務量が増えたり、暇な風にしているとどうでも良いことを押しつけられたりしそうだから、存在感を極力消している。 いつもの平日より少し時間に余裕がある為、資格の勉強以外…

非モテと傘と日曜日

タイトルはスキマスイッチの「僕と傘と日曜日」のもじりです。 こんな夜に、ぴったりの曲。 そうそう、おそろいのストラップ買ったよね。 うぅ、歌詞と思い出がリンクする。 パッとしない雨模様の天気の休日。 ちょろっと買い物して、千円カットいって、映画…

購買意識

1週間の労働が終わった。 大げさにいうとここ数年、余所行きのおしゃれ服を買ってない。 ユニクロとかでちょっとしたシャツやパーカーや靴下とかを買うくらいだ。 自分がファッションセンスとか壊滅的なのは自覚している。 ファッション雑誌なんて、ほとん…

看板だとわかってはいる

居酒屋談義のようだけど、サラリーマンは会社の看板に生かされているとつくづく思う。取引先や協力会社、メーカーの人間は、私という人間よりもその背後にある「会社の中の立場や決定権」を見ている。 まあ、その辺はお互い様なんだけどね。 大事にされたか…

白か黒ではない

昨日より今日、今日より明日。 なるべく前向きになるように、気持ちをセルフコントロール。 2、3年前とほとんど同じ仕事をしていることってヤバくね?!と思いつつ、日常に流されている感が強い。もともと性格は保守的で、変化になかなか乗れない時が多い…

なんてことは言わない

泊まりがけの業者会の研修が終わり帰宅。 研修では一回り近い年下の若手と組んだのが、自分のコミュニケーション能力がダメなのか、頼りないと思われたのか、考えていることがよくわからないまま終了した。大人しい子だった。名前だけは聞いていても、ほとん…

体調が安定しない

ここ数日、体調が安定しない。 健康はとても大切。 仕事もとても大切。だけど、心と身体を壊してまでするものでもないな、と思う。 自身が立ち回るのが下手だとも思う。 気を抜くと、ブログで愚痴を書きたくなるけど、理不尽にさらされているのは自分だけで…

浮き世は押し合い引き合い押し付け合い

タダより高いものはない、と先人が言葉を残している。 それを目の当たりする1日だった。本来は当たり前のことなんだけれど、何故だか、さも「あなたが至らなかったからこうなってしまった。だから、俺も動いたんだ」という立ち回りをされ、秘技「お為ごかし…

風景を観る

某お笑い芸人さんが某女優さんと結婚したとネットニュースで知り、そのお笑い芸人さんの動画を見まくっている。 ラジオでも言っていたが、非モテにも「ビジネス非モテ」と「ガチ非モテ」が存在する。 私はもちろん後者である。くそくそくそくそ。 映画「コン…

よっこいしょという

「アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア/大木 亜希」を少しずつ読んでいる。 まだ読み終わってはいない。 そして、この本に登場する元アイドルたちの「現役時代」をまったく知らない。生き様は十人十色。個人的には、ラジオ局に就職した子、賢い…

よくある光景と400

この記事で400記事目ということみたいだ。零細企業で日々労働に励む、冴えない非モテの日常くらいしか書くことが出来ない。 他人様に胸を張って話せる人生とは無縁。 今日も今日とで、資格試験の勉強。 たまに勉強で使用する某コーヒー店。よく見かける可愛…

表層を追いかけていくと

LINEニュースでは、交通事故の速報が届く。 ネットでは「無敵の人」という単語をよく見かける。 紙媒体、電子媒体問わず、雇用問題のニュースに目がいってしまう。 年金制度、あとは自己責任でどーにかしろ、とぶん投げてくる。殺伐、と言うととても大げさだ…

なにもしない月曜日の夜

月曜日。 読者登録をさせていただいているブログのいくつかで、ある企業の育休、転勤の炎上を扱っている記事が見受けられた。 ちょうど昼休憩の時だ。地方都市の変わり映えのしない景色の中に身を置きながら、ここだけ時間が止まっている、と思ってしまった…

マクロ楽しい

芸能人やお堅い職種ではないので、仕事さえしっかりやっていればプライベートはどんなにめちゃくちゃでもかまわない、というのが今の社風。 一度、このゆるさに浸かってしまうと中々逃げ出せないかもしれない。 Canon 機+マクロレンズで撮る。 マクロ楽しい…

殻を破りたい

殻を破りたい。 別の言葉で言うと、一皮むけたい、ともいう。遅かれ早かれくる、AI化、自然淘汰、時代の変化。 ちょっとやそっとのことでは動じない度胸や思考の先読み能力をもっと身につけたい。 あー、あと社内政治も生き残れるように。 そしてその代償と…

隙間時間を活用しつつ

職場なのに仕事に集中できない質になってきたような気がする。 仕事に集中したいのに余計な情報がいろいろと入ってきて、集中できない。 本末転倒ではないだろうか。 社内で、あるルールが適用され始まった。 ルールや約束事は、ルールそのものの内容より、…

ガラスの壁

人間の愛嬌みたいものって滲み出るものだから、背伸びしてもメッキはすぐに剥がれ、ある意味では残酷であるなーと感じる。同じ失敗をしても許されたり、人の輪の中に入って行けたり行けなかったり、何故か人からご飯や遊びに誘ってもらえたり。身近の2人の…

冷やし中華うまい

暑い。5月でこの気温。 街を行き交う人たちが夏模様だ、女性が美しい。 夏になるとふと思い出す1曲。 ドラマ版漂流教室のエンディング、「Loveland,Island」。 それにしても暑い。 さっそく冷やし中華を食べてしまった。 麺をすすりながらテレビを見ている…

十年後の身悶え

地方都市の片隅で買い物中、ユーチューバーらしき人物を見かけた。 カメラに向かって神妙な顔で語りかけていた。 (地方都市地方都市と連呼してるけど、地方都市の定義がよくわかっていない。不勉強。)よく東京などの大都市圏でわちゃわちゃやってる動画は…

今年初のタンブラーデー

協力会社の社長さんから、「会社の人以外と接していないのはまずいよ」と世間話の流れの中で言われる。 本当にそうなんだけれど、こればっかりはどうにもできない。 社会人になったら「知り合い」は増えても「友人」はなかなか増えない。そもそも社会人の友…

火曜日の夜

起床、労働、食事、試験勉強、大人の動画、就寝。そろそろ平日はこのサイクルになりそう。 「そろそろ」と書いているけど、ほとんど今までと変わらない。 もちろん、「試験勉強」が「趣味のカメラ、写真等」に変わるときはある。そしてこの生活が送れるとい…

一時間遅れは

ランチメニュー目当てで入ったお店、いざ注文しようとしたらランチの時間は終わっているという。あれ?と思い時刻を確認したところ、やっぱりまだランチタイムだ。 少し考え、鞄からスマホを取り出し時刻を確認するとランチタイムは終わっている時刻だった。…

好きな顔

人が音楽や映画、小説でもいい、その感動に胸を打たれている時の顔が好きだ。 何かを決意し、まだ見ぬ未来に向けて、顎を引きぐっとこらえている時の顔が好きだ。 夜になると不安と焦燥感が交互にやってくる。 それでも見知らぬ人の、感動に撃ち抜かれた顔を…

あっという間の1日

仕事でも趣味でも、精進しなければ、と思う1日だった。 「遊び」って大切だ。それが如実に表れる時がある。 というかこんなことを思い、「わたし、遊んでますよ」という周囲にアピールをしている時点で、背伸びしているだけだ。 思考は堂々巡りしつつ、「ま…

子供みたいな話と腕時計

子供の泣き言のような話だけれど、相も変わらず職場の中では浮いている。 とくにプロジェクトなどが動いている時は、痛烈に肩身の狭さを感じる。 持つ必要の無い、自己否定の気持ちが湧いてきてしまう。 能力が無いから、いてもいなくても大して変わらない。…