クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、少しずつでも続けていけたら。

やさぐれる

おそらくそこそこ頭が良い大学の先生で、 何かの会合を終えた後の飲み屋で、おそらく常連さんとしていた会話の場面に遭遇した。 俺は店内のカウンターでゆっくりと食事していた。 会話が自然と耳に入ってきた。「最近の学生は、全然飲まないなー」ん? 俺は…

物語の主人公

20代が過ぎ去り、自分は物語の主人公ではない、と実感を伴って認識する。 自分が招いた結果だが、 体調が少し悪化した。 病院にも行った。 生命に関わることではないが、 ある意味では、とてもとても人生に関わることである。 これはショックだった。 こう…

追体験なんだ

映画、ナラタージュを観る為に映画館まで行ったら時間を間違えていた。 マジか。ショック。 結局、次の回の上映までは待ってられないので帰宅。 いや、小説は未読だけど、なかなか小説も評判いいみたいだから気にはなっていた。作家の北村薫さんが何かで書い…

一人でもいる人は

コンビニで大衆紙を流し読みしながら、 思った。異性の友達がいる人間は幸せだと。 身体の関係がなくたって、 ご飯食べに行ったり、何でもない雑談をしたりして、異性の目線、世界を垣間見れることは幸せなことだと。もう、モテることは、この先、生涯ないだ…

僕たちはみんな大人になれなかった

僕たちはみんな大人になれなかった(新潮社、燃え殻)を読了。 時間軸が行ったり来たりして、少しわかりにくいところもあったけど、さらりと読めた。 男は強がっててもセンチメンタルだから、多分。 俺はそんな恋愛はできなかったけどね。 ってか、Twitterで…

平日をやり過ごす日々

平日をやり過ごす日々。 といっても劇的なことが待っているわけでも何でもない。 週末誰かと飲みに行くわけでも、 遊びに行くわけでもない。 彼女がいるわけでもない。 淡々と会社に行き、帰って来て労働の再生産に備え寝る。 仕事帰りの、行きつけの飲み屋…

撮りに行きたい

この前購入した、広角レンズを使いたい。 撮りに行きたい。 撮りたいよ。 うずうずうずうず。ただそこは社畜。 当たり前の時間を奪われ続けるのが資本主義社会の労働者の宿命! 今週も絶賛、社畜中! 寝る前の小説と漫画と大人な動画が唯一の楽しみの社畜! …

そんな週末の夜

もう、日曜日が終わる。 何故休みはあっという間に終わるのか。 つらい時間は長く感じ、 楽しく楽な時間は一瞬。財布と相談し、カメラレンズを購入。 使うのが楽しみだぜ。 旅行に行きたくなるね。秋物の服も少し購入。 ま、男はジーパンに上は適当に羽織っ…

一人でも二人でも

一人でいても孤独を感じるし、 二人でいても孤独を感じる。人肌が恋しい季節になってきたなー。 人の温もりを最後に感じたのはいつだろう、と考えてしまうクソ野郎です。 衣替え面倒くさいけど、 しなきゃ寒いなー、 今年はいい感じのセーターも買うぞ、と。…

リーマンは何故労基に駆け込まないのか

壮大なタイトルだけど、 サラリーマンなら何度も去来した言葉だろう。なぜ、異常な仕事量で 異常な上下関係の中で 二枚舌でいいくるめられても 耐えなくてはいけないのだろう。何故労基に、せめて駆け込まないのか。耐える姿は美しい、という訳のわかん日本…

そんなリーマンの土日

仕事が溜まってきた。 自分の処理能力が遅く工夫が足りないのか、 弱そうな外見などが影響し押し付けられているのか、 はたまた会社、組織が適材適所をわかっておらず、理想論、精神論がまかり通っているからなのか。溜まった仕事を休みの日の時間を使って、…

おったまげー

三連休も終わる。 しがないサラリーマン、 月曜日から金曜日までお仕事。 死なない程度に生かされてる(泣)。たまたまネットニュースで見た、 大阪の高校生が踊る、バブリーダンスの衝撃が頭から離れない。 キレッキレのクオリティで、とても高校生には見え…

いつか二人で

月曜日が始まった。 サラリーマンにとっては憂鬱な1日。仕事終わりにたまに行く定食屋がある。 その店の常連に仲間入りした、とは思わないがもう何年も通っているから、それなりには馴染みになったかな、と密かに思っている。大将からは嫌われ、男と思われ…

蔵の街で

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 何事も挑戦。数少ない趣味の写真。 川沿い。 蔵の街。 ゆっくり流れるもの。

なんでもない日曜日

朝起きて、洗濯して、ご飯食べて、布団干して、ぼけ〜っと日向ぼっこ。 なんでもない日曜日。こんな静かな日曜日。 エアポケットの様な日だけど、 これからどんな人生がまってるんだろう、 と考えてしまう。仕事のこと、親のこと、結婚のこと。悪い方に考え…

夜撮り

一週間終わった。 まぁまぁ平凡な一週間だったと思う。これから、気になっているバーへ、 写真を取りつつ、出かける。一人でだけどね。ちくしょー。俺は、真面目系クズなのかもしれない。

月曜日が始まる

また一週間始まるよ。土日、やっぱり人とほとんど会話しなかった。 コンビニ等、買い物するときには店員さんと会話はするが、相手は営業スマイル、営業トークだから会話のうちに入らん。うーん、寂しい時、大人の動画を見終わると、 結局、一人の方が気楽だ…

帰れるときは帰る

帰れるときは帰る。 早々に会社を出る。仕事のメールはモバイル端末で確認でき、 最悪、部屋に帰ってからも簡単な仕事はできる為、 こんな日があってもいい。 サラリーマンのつかの間の休息。 社畜だって人間だ。 今時の学校事情は知らないけど、 今日で夏休…

原動力のひとつ

彼女なしの一人の土日、 寂しいと思ったら、負の感情が押し寄せてくるなー。 現実のこと、将来のこと、親のこと、自分の生き方、キャリアのこと。何か行動に移すときの、原動力になる感情は人それぞれだと思う。 自分の場合は「怒り」だ。 田舎の地方都市、…

集中力の不思議

毎日同じ時間に家を出て、数時間後、朝出た部屋に戻ってきて眠る。 サラリーマンは、極論だが仕事内容がそれなりに特殊性がある業務についていなければ毎日がコピー&ペースト。雑誌やテレビに出る大企業は知らんが。 その日々の中で、自分なりに目標を作り達…

何気なく手に取り

古本屋で何気なく手に取り、購入した「最貧困女子」。 今更ながら、飛ばし飛ばし読み流す。著者は、人は低所得に加えて、 「三つの無縁」「三つの障がい」によって 貧困に陥ると、考えている。 自己責任、努力が足りない、と言うには 一筋縄ではいかないとい…

小銭入れ

今週のお題「カバンの中身」社会人になりたての頃、 初めて上司になった男性が小銭入れに鍵を入れていて、ワンコインで会計しているの度々を見るにつけ、それがとても格好良いことのように思えた。 小銭入れをさり気なく使う男になりたい、と勝手に誓った。 …

帰郷 読書

地元に帰り、ダラダラグータラ。 高校野球を見て、つい公立校頑張れ〜と応援してしまう。 親は確実に歳を重ねている。 年々顕著に感じる。 俺だって確実に歳を重ねている。 俺はどんな大人になっていくんだろう、と考えるときもある。買ってから読んでいなか…

帰郷

一人旅から無事帰宅。北関東の埼玉、栃木を小旅行。 歩いたぜ。ふう。 宇都宮といえば餃子、ということなので、 とりあえず【宇都宮みんみん】へ。 事前に聞いていたけど、行列がすごい(汗 水餃子が良かったなー。旅行中にN○Tの下請け業者と電話でやり取り…

夏休み

夏休みじゃ。小旅行に行って、後は実家でダラダラしよう。こんな時、彼女とか仲の良い女友達がいたらなぁ、と痛切に思う。だけど、いない、ということは自分がそういう人生を選んできたということでもある。くそ、リア充になりたかったよ。さて、買い物行こ…

夏祭り

仕事帰りに、地域の夏祭りにふらっと参加してみた。 大都市の、物凄い人混みの夏祭りより こういう自治体の夏祭りも好きだ。 モツ煮、焼きそば、フランクフルト。 旨し! 輪投げも久しぶりにやったよ。 意外と難しかった。その土地に生活の根をおろしている…

帰宅後

帰宅後、ずっと気になっていた台所周りの掃除を敢行。 男の一人暮らしの部屋は気を抜くと伏魔殿になってしまう。 賞味期限○年前のものが出てることも珍しくないのでは。 いやー、片付くとスッキリする。 そりゃ九時五時で帰宅できて、寝るためだけに部屋に帰…

上手くいかん

思いつき古いノートパソコンのHHDをSSDへ換装しようとしているのだが、SSDに取り替えると立ち上がらない。 ネットでいろいろ検索してみると、同じ様なことで悩んでいる方が散見される。 簡単にできた人とドツボにハマった人がいて、 どうやら私は後者になり…

ファミレスにて

無事、1人旅行から帰宅。 京都も行ってきたが、暑かった。 祇園祭の関係で人混みが凄いことになるらしい。 出店の数も半端ではなかった。 日本人の男性と、おそらく韓国人の女性が ファミレスで会話をしていた。女性が男性に、結構ダメ出しをしていて、 男…

特にないが

うん。 自分自身はコピー&ペーストの様な毎日を送っているが、社内人事があったり、同僚は身近な人が旅立っていった、という悲しいこともある。 いつまでも同じなんてことはありえない。 仕事内容も変わるし、 親しかった人との関係が変化したりもする。 歳…