クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路の弱小サラリーマンの日々の記録です。他愛もないことばかりですが、写真・カメラ(Canonユーザー、時々FUJIFILM)、小説、映画のことを少しずつでも続けていけたら。

火曜日の夜

起床、労働、食事、試験勉強、大人の動画、就寝。そろそろ平日はこのサイクルになりそう。 「そろそろ」と書いているけど、ほとんど今までと変わらない。 もちろん、「試験勉強」が「趣味のカメラ、写真等」に変わるときはある。そしてこの生活が送れるとい…

一時間遅れは

ランチメニュー目当てで入ったお店、いざ注文しようとしたらランチの時間は終わっているという。あれ?と思い時刻を確認したところ、やっぱりまだランチタイムだ。 少し考え、鞄からスマホを取り出し時刻を確認するとランチタイムは終わっている時刻だった。…

好きな顔

人が音楽や映画、小説でもいい、その感動に胸を打たれている時の顔が好きだ。 何かを決意し、まだ見ぬ未来に向けて、顎を引きぐっとこらえている時の顔が好きだ。 夜になると不安と焦燥感が交互にやってくる。 それでも見知らぬ人の、感動に撃ち抜かれた顔を…

あっという間の1日

仕事でも趣味でも、精進しなければ、と思う1日だった。 「遊び」って大切だ。それが如実に表れる時がある。 というかこんなことを思い、「わたし、遊んでますよ」という周囲にアピールをしている時点で、背伸びしているだけだ。 思考は堂々巡りしつつ、「ま…

子供みたいな話と腕時計

子供の泣き言のような話だけれど、相も変わらず職場の中では浮いている。 とくにプロジェクトなどが動いている時は、痛烈に肩身の狭さを感じる。 持つ必要の無い、自己否定の気持ちが湧いてきてしまう。 能力が無いから、いてもいなくても大して変わらない。…

夜の帳が下りる

あっちゅーまに土日が終わる。 記帳して、髪切って、買い物して、用事済ませて、散歩して。 なんてことない1日だったけど、これが幸せってものなんでしょう。 夜道を歩いていたら、小さな子供たちがケラケラ笑いながらふざけ合っていた。 その通り沿いにある…

忘れることは悪いことではない

お昼ご飯で入ったお店の店員さんが、フレンドリーだった。 話しかけられたので、人とのコミュニケーションに飢えていた自分は早速会話をはじめる。インド人だという店員さん、日本語がうまい。 母国語と英語と日本語が話せるという。 ただ英語は使ってないか…

虚無感の実生活の狭間で

無事出勤し、無事に帰宅した。 よくがんばった自分。 今日はほとんど仕事というよりも、休みに入る前の状態に少しでも近づけるよう「ならし運転」をしてるような感じだった。 思考と身体の動きが一致しないのがもどかしく、歯がゆい。 いや、スポーツ選手み…

田舎事情 文化資本編

※あくまで私の生活の範囲で見聞きし感じたことであり、実際とはだいぶ異なっている箇所も多々ありまくりと思われる。そのあたりはご愛嬌で。 自身が感じる、上手く言葉に出来ない苛立ち、目に見えない壁や不公平感の根っこの遠因をまさに的確に表した言葉。 …

田舎事情 コンビニ編

所謂大都市圏の住んでいるわけでもないし、そこに通勤し働いているわけでもない。 大都市、地方を問わず存在し、使用したことが無い人はいないはずのコンビニ。 自分の皮膚感覚でもわかるくらい、外国人の店員さんが目立つ。とにかく目立つ。 先日、アメリカ…

田舎事情 治安編

大型連休中、故郷へ帰省した人もたくさんいただろう。 私も少しだけ実家に顔を出した。 故郷は相も変わらず、故郷のままだった。 小さい頃から変わらないたんぼ道、錆付いたシャッターが下りた個人商店、少しずつ年老いていく親。 田舎は人間関係が濃密だと…

無理のない範囲でやってみる

聞き逃した番組をradikoで聴いたり、読者登録させてもらっているブログで紹介されていた書籍を読んだり、映画を観たり、ほか雑事少し。 映画「search」、面白かった。 これは予備知識なしで観ると尚いい。評判が良いのもわかる。 Lightroomを使って現像して…

いつか訪れること

小旅行から帰ってきた。 旅先の地元の幸に舌鼓を打ち、もう2度と来ることはないだろう景色を心に刻み、その土地に生活の根を下ろしている人たちの言葉を聞き表情を見る。 これから実家に少しだけ顔を出し、大型連休をだらだら過ごそう。 少しだけ仕事を持っ…

1400枚ほど

あまり使いたくない言葉だけど、いわゆる「平成が終わる」ね。 平日は社畜として労働に励み、余暇で趣味を楽しむ。 (北野武氏が、時間が無いときほど人を騙してやるのが趣味。サラリーマンが定年してから釣りなど趣味を始めようとしたって、覚えられるはず…

良い悪いの話ではない

良くも悪くも同業他社に移っていった人間のうわさ話が聞こえてくる。 うわさ話はみんなの大好物。移っていったその中の一人は、仕事が無いのか別の同業他社に自分を使ってくれないか、と持ちかけているという。 それに関して、今の環境から飛び出す気概もな…

ノートを買い足す

ブログを始める以前から、どこにでも売っているノートに簡単な日記や記録を書いている。 その日に聞いた、自分の狭い了見を吹き飛ばすような考えや言葉を記憶に書き留めておき、それからノートに書く。 ほとんど仕事絡みのもの。たまに、ニュースを見てて面…

なにも変わりはしないけど

久しぶりに会社の人以外と話していて、そりゃそうだ、と思ったことがあった。「人間関係が良くなく、社内で少しでも存在感をと思って資格の勉強はしてるんです」 「そうなんだ、いいですね。でも資格をとっても現状は解決しないですよね」 「あー、確かにそ…

喉が痛い

喉が痛い。 一時的なものか、風邪の前触れか。生まれながらお金持ちの人間を見る機会があった。 ああ、いいないいないいないいなー。 世の中がどんな風に見えているのかなー。欲にまみれております。大人の動画を見て寝る。

この地獄を生きるのだ、読了

少しずつ読んでいた「この地獄を生きるのだ / 小林エリコ(イースト・プレス)」を読了。 同人誌即売会「文学フリマ」にて頒布されたものを加筆修正したものが本書ということだ。 エロ漫画の編集者から生活が一転した著者。 自殺未遂、生活保護、デイケアで…

2つのおおかみ

「やっぱりおおかみ」という好きな絵本がある。 前にブログで書いたかもしれないが、好きな絵本である。 【ぼくに似た子はいないかな】 「荒野の狼」という宇多田ヒカルさんの曲がある。 前にブログで書いたかもしれないが、歌詞が好きである。 【誰だって同…

感じてしまった月曜日

時々、感じることがある。 意識だけは新人のまま、歳だけ重ねているような気持ちになるときがある。 変化に対応できていない感じ。周回遅れのなにかにしがみついている様な気持ち。 月曜日から後ろ向きなものを感じてしまったー。 マイホームヒーローという…

真実はいつもひとつとは限らない

ミーハー丸出しだが、劇場版名探偵コナンを観てきた。 去年、数年ぶりに劇場版コナンを観て、今年も行ってみようと思ったのだ。 大人になり、ある程度歳を重ねてから観ると、感慨深い。 ラン姉ちゃんもいつの間にか年下になってしまった。 (当時、金田一少…

週の真ん中折り返し

幸いなことに週の真ん中、折り返し地点。 そうではない労働者の方々、お疲れ様です。 あわや正面衝突、という場面を見た。 おっさんが渋滞にしびれを切らしたのか、なにをとち狂ったのか公道で逆走し始めたのだ。 さすがおっさん、自分の世界しか見えていな…

先のことはわからないが

いずれ必ずくる一年後、三年後に備え、実際に行動に移せる人はどのくらいいるんだろう。仕事でやりとりのある業者の社長で、先を見据え動いている人がいる。 人材確保の狙いや利益があるからだろうけど、勉強会を開いたりもしている。 経営者からすれば、極…

歩いたときの

今日は疲れたー。 かつて赤線だった街で一人歩く。そのときの写真。 時と共に移り変わる。人も街も。 かつて栄えていたときの情景に思いを馳せる。 イッツノスタルジー。 多分、言葉間違ってる。 寝る。 ちょっとはなれたところで。 美味しそう。

去る者は追わず

あっ、この人とは縁が終わってしまうだろうな、と直感する時がある。 そういうとき、大体その直感はあたる。社会人になってから知り合い、たまにご飯を食べに行ったりLINEをしていた人から、その予感がした。 あぁ、もうこの人と会うことはないのだろうな、…

四月で思うこと

録画したと思っていた番組が録画されていなかった。したつもりになっていたようだ。 再放送はいつだろう。 見たかった番組はテレビは【ザ・ドキュメンタリー『見えない壁、糸口を求めて ~吃音と向き合う~』言葉が詰まる障害「吃音」。国内では約100万人が…

ボリューミーで旨い

朝起きる。 洗濯する。洗濯機の駆動音が二度寝を誘う。 近所の桜を撮る。先客がすでに撮影していた。全く知らない人だけど、目が合い、ついお互い会釈をしてしまう。腰が低い日本人らしい行動。 同僚から教えてもらった美味しい洋食屋へ行ってみる。 ボリュ…

あの日見た桜の光景は多分忘れない

今週のお題「桜」日本人のだいたいの人が好きな桜。学生時代の、桜にまつわる記憶を思い出そうとしたけど、まったく思い出せない。 働き始めてからの桜の記憶がひとつある。 といっても、その職場を去らなければいけない時の記憶だから、もう数年前の記憶。…

3月も終わる

3月も終わる。 新元号も発表される。 ずっと前に2000年問題ってあったな。 平成最後の時もいずれ、過去のことになる。 新元号が発表されても自分の生活は淡々と続いていく。 突然、自分を取り巻く環境は変わらない。 大多数の人がそうだろう。 発表される日…