クロスケ日記 105日の日々

どこにでもいる三十路のしょーもない賃労働者の日々の記録です。他愛もないことばかりですが、カメラ、小説、映画のこと等少しずつでも続けていけたら。

週末だ

今週は仕事中、ずっと眠かった。 睡眠不足だと自覚している。よく会社は3代目が潰す、と言われるが、他人事ではなくなってきた。今の仕事の世界だけに安住せず、趣味の世界を広げ人と出会い、得意分野を増やしセーフティネットを作っておく。 社会人なら、同…

さまよう気持ち

人は、その年代その年代で年相応の事を経験していないと、年を重ねてから反動がくるらしい。年相応の友達関係、恋愛、失恋等々。いやー、身に沁みるね。俺はいったい何なのか。 中学生の頃から何も変わっていないと思う。20代が終わり30代になると、ふと自分…

スリー・ビルボード

映画「スリー・ビルボード」を鑑賞。大体が予定の無い休日。 寂しい三十路のオッサンだよ。 そんな時は気になる映画を観に行くのが好きだ。 物語の発端となる発想が面白いね。 主人公、いい意味で振り切れてるね! この映画は好みは別れるだろうが、好きだ。…

漁っていたら

月曜日が終わった。頭がぼうっとする。疲れが取れていないのかな。 資格の勉強しなくては。 ただ今日はどうしても体調が悪く、勉強する気にならない。 逃げだとはわかっていても辛い。サブカル的な写真サイトを漁っていたら、カップルのセックス特集にぶつか…

本屋をぐるり

仕事終わり、本屋の店内をあてもなくふらふらするのが好きだった。 小説、雑誌、ビジネス書コーナー。 その時々で旬な人達が、したり顔で至言めいたことを口にしている。 いつか自分だって、と思っていた。 誰になんと言われようと、自惚れでも驕りでもなく…

そういえば

会社と部屋を往復する生活をしていると、季節の移ろいはなんとなく感じていても、どこか感覚が鈍ってしまうなと思う。子供がいる同僚達が、子供の卒業式に出るからと有給休暇届けを出し始めている。そういえば、そうなんだよな。 そろそろ、出会いと別れの季…

オリンピック

このブログはさえない非モテ男の、その時その時思った事を書いていこうと思って始めたもの。 だから、ある瞬間感じたこと、感情を思い出しながら書いていこうと思う。 オリンピックにまったく興味がない。 もちろん日本人選手がメダルを取れば、それなりに嬉…

嘘を愛する女

少し前に映画「嘘を愛する女」を観てきた。ほとんどストーリーを知らないで観たからなお良かった。 長澤まさみももう30代なんだね。 ってそんなに女性芸能人は詳しくないが。 吉田鋼太郎さんがなんとも言えない、良い雰囲気を出していた。こんな風な大人にな…

分かち合う相手

また一週間が始まる。連休中、外出先等である景色を見た時、食事をした時、隣に誰かいてくれたらなぁと思ってしまった。 (いや、基本的に1人が嫌いじゃないんだ。 1人旅だっていくしね)こういった何気ない些細な事、感じた事を分かち合う相手がいれば、も…

混んでた

連休中日。 普段行けない所に行こうと思い、午前中からお出かけ。ま、みんな考える事は一緒にだったみたいで、目的地が近づくにつれ道は渋滞。 最初はなんの渋滞だろう、とわからなかった。 普段からこんな感じなのかな?とぼけーっとしていたら、「まさか?…

本当にあったんだ

今週のお題「バレンタインデー」学生時代は、まったく無縁だった。 見えないところで、所謂イケてるグループに属する男女間ではやり取りがあったのだろう。 集団の底辺で喘ぐ俺には、そんな世界はまったく見えなかった。 まったく、涙が止まらないぜ。社会人…

本音と建前

本音と建前を見極めねばならないサラリーマン生活。 手段が目的に成り下がり、日々偽りの滅私奉公。 いや、面従腹背か?ただ、「本音と建前」と「あちらを立てればこちらが立たず」は、とても親和性が高い言葉だと思う。 先輩たちを見ていて感じたことである…

帰宅したら

帰宅したら、水道の水を出しっぱなしにしているのに気付いた。 地味にショックだ。今日は、平穏無事な1日だった。 入社した当時の、最初の緊張感は日々の暮らしの中でいつの間にか薄れ、やっとこさ作ったちっぽけな偽りの自分の居場所から、一歩を踏み出した…

かさばらないコンデジ

物事を捉えるとき、それを良い方に解釈するか悪い方に解釈するかで、その人の人間的魅力が決まると思う。最近、コンデジはCANONのG7Xを使用している。Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII出版社/メーカ…

勘違い発言の先

人間、誰しも間違うことはある。 ヒューマンエラーはいくらでもある。ただし、自分の実力や立ち位置を見誤り、勘違い発言を繰り返すおっさんには、それ相応の結末が待っている。先日、噂ではいろいろと聞こえてきた別部署のおっさんにとうとう雷が落ち、化け…

祈りの幕が下りる時

映画 祈りの幕が下りる時を観てきた。加賀シリーズは原作の方はどこまで読んだか忘れていたが、これを書きながら思い出した。 途中何作かとばして、麒麟の翼まで読んだんだ。 原作読んでないけど、映画はとても良かった。 だんだんこういう物語に、涙もろく…

これでいいのだ

漫画「たそがれたかこ」を最後まで読み、しばらくその世界観を堪能した。 堪能って、料理ではないけど。 いや、最終巻はなかなか衝撃ですわ、奥さん。 本屋さんで何気なく手に取った漫画に、ここまで心を揺さぶられるとは。 登場人物は、だれもスーパーマン…

ちょっとネガティブ

同僚がインフルエンザにかかった。 席が近い同僚だったので、週の真ん中で体調が悪くなったときは「俺もとうとう発症か?」と怯えていたが、どうやら一時的な体調不良だったみたいだ。 運がいいのか悪いのか物心ついてから、インフルエンザにかかったことが…

降ってくるもの

一週間が始まった。 雪が降ろうが積もろうが出勤しまっせ。 悲しき中小の貧弱サラリーマン。リモートワークって言葉を目にするけど、 社畜に染められた俺は、会社にいかないとソワソワしてしまうかもしれない。 これは一種の弊害だと思う。そして、業種・会…

もしあなたなら

このままじゃ何かがまずいと思いつつも新しいことに踏み出せない、なんて言ったらずるい人間につけこまれそうだけどね。 でも冗談抜きで結構今大事な時だと思う。 人への警戒心を忘れずにもっと積極的になろう。 きっかけが欲しいんだ。某テレビ局で30歳以下…

何のために

何のために残業するのか。 自分の時間を犠牲にし、人間は風邪を引くという当たり前のことを何故か謝り、残業代をもらえる訳でも無い、結局は経営者一族が喜ぶだけの残業、会社の為の残業、経営者一族の家族を潤す為の残業。ユニクロはやりがい詐欺とも揶揄さ…

スクラップ

土曜日、体調が悪い時に生物の刺身定食を食べたのが悪かったのか、だんだんお腹が痛くなってきて 冷や汗も出て我慢できなくなり、外出先から急いで部屋に戻ってきて寝込んでしまった。 幸い熱は出ていなかったと思う。 翌日朝起きたら体調はほぼ回復していた…

頑張りすぎないこととか

人間、誰しもやらなくてはいけない時がある。 頑張りすぎてはいけない時もある、と思う。これから先、何年、何十年と働いていくんだよ。 人に使われるにしても、人を使う立場になったとしても。 上手く一休みしたっていいじゃん。但し、まだなにもわからない…

待ち構えているのは

食事で入ったお店の斜向かいの席で年頃の女性が二人会話をしていた。 どうやら恋バナのようだ。その、若い女性なら当たり前の会話が聴こえてきて、俺はなんなんだ、といたたまれなくなった。 荒んでるな、自分。 成人式。個人的な見解になるけど、 コネも無…

今年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」仕事や収入面のこと、彼女を作りたいという下心、両親や実家のこと、その他生きていく面で備えておかなくては行けない事。いろいろあるけど、ここではあえて趣味の事を。仕事でデジカメを使用する機会が多々あり、カメラ・写真に…

程よい労働

仕事が始まった。 程好い労働は現実を忘れさせてくれ、達成感や満足感を与えてくれる。自分の現実を考えなくていいように。 立場が人を作る、というように人間は役割を与えられ、そこに少しだけ生きがいを見出すのかもしれないなー。 そんな社畜デス。同僚の…

地方都市

気になっていた小説、「ここは退屈迎えに来て/山内マリコ」を読了。 少し前に発売された小説で地方女子をうまく書いているということで気になったので手に取ってみた。 読みやすいので、正月休みに一気読み。 都会生まれ都会育ちの人はこの小説を読んでどう…

2018年 謹賀新年

あけましておめでとうございます。 無事2018を迎えることが出来ました。実家に帰省しています。 実家でぐうだらするのは楽で良いけれど、ずっといる場所では無いな、とも感じます。 ここにずっといたら、駄目になってしまいそうで嫌だ。 田舎に残る人、都市…

意気地が

無事、仕事納めを迎えることが出来た。少しマンネリになってきたので、新しい事を覚えたいのだが、言い方、周囲への根回し等を間違えると 「あいつなら通常業務にさらに○○が増えても大丈夫だろう。楽勝だろう。」とおかしな情報が出回り、普通なら過労死ライ…

2017も未だに

周囲の人間には話していないが、こう見えて家計簿を付けている。 今年一年間の家計簿を締めた。 今はスマホのアプリで便利なのがあるねー。 ふぅ、赤字にならなくて良かった。拝金主義はどうかと思うが、日本も学校とかでお金の教育をもっとやった方がいいと…